インドネシア
03.29.2018

インドネシアのBengkulu - 太平洋パートナーシップ2018に参加している米国とパートナー国家奉仕メンバーは、3月29日に米海軍病院船USNS Mercy(T-AH 19)に乗ってインドネシアのBengkuluに到着した。
Bengkuluでは4月12日まで継続され、インドネシアの医療従事者と並行して作業するミッション要員、土木工事プロジェクトへの参加、人道援助と災害救援(HA / DR)準備訓練の実施、地域社会への協力ローカルのBengkuluコミュニティーで活動します。
パシフィック・パートナーシップのミッション・ディレクターのデビット・ブレッツ氏は、「我々はベン・グルで友人たちと働いていることに興奮している。 「この港湾訪問は、軍とインドネシアの人々との強力なパートナーシップを継続するように設計されています。私はお互いから学び、起こる予定の異なる演習やイベントの間に、両国間の絆を強めることを楽しみにしています。
太平洋パートナーシップは、インド洋で実施される最大の多国間災害対応準備ミッションです。今年の使命には、米国、カナダ、英国、オーストラリア、フランス、ペルー、日本の軍事・民間人員が含まれます。
インドネシアの後、マレーシア、スリランカ、ベトナム、日本でミッションを行い、インド洋太平洋地域の同盟、パートナーシップ、多国間協力を強化する。
「パシフィック・パートナーシップを通じて、私たちはインド・パシフィック地域の同盟国およびパートナーとの不可欠な関係を深めている」とRear Adm。パシフィック・パートナーシップ18のエグゼクティブ・タップ・ガブリエルソン(Task Force 73)司令官は述べた。このようなダイナミックな使命は、多くの国や専門家が集まり、複雑な問題に対する解決策を模索し、災害時の緊急事態への準備を強化し、影響の重大さを軽減します。太平洋パートナーシップの取り組みは、この地域の人々の生活や条件を改善するための協力的なアプローチを促進する協力的な環境を育成するのに役立ちます。https://www.dvidshub.net/news/271043/usns-mercy-pacific-partnership-mission-arrive-indonesia
新着情報一覧へ