プロジェクト概要

ニューヨークのブルックリンに行われるグループ展「100人展」に参加し、自分の作品のプロモーション活動したい!日本独自の多色刷り木版画を海外の人々に知ってもらいたい!

 

初めまして。服部奈々子と申します。私は東京で、浮世絵と同じ多色刷り木版画の技法を使ってアート作品やイラストレーションを制作しています。2011年から活動を始め、これまでに5回の個展を開催し、多くの企画展にも参加してきました。2016年のニューヨークの個展に向けて、2015年は「100人展」のグループ展に参加し、プロモーション活動を行いたいです。

 

しかし、渡航費とリーフレットの制作費などの費用がまだ足りません。皆様のお力をお貸しいただけませんか。

 

(作品)

 

2015年ニューヨークで開催予定のグループ展「100人展」に参加したい!

 

ニューヨークのブルックリンにあるOuchi Galleryで2015年6月に行われるグループ展「100人展」で作品展示をし、オープニングレセプションに来たゲストに対して、自分の作品やアーティスト活動について紹介するリーフレットを配布してプロモーションをし、現地のファンを獲得することを目指します。

 

2016年には同ギャラリーでの個展が決まっていますが、作品を販売して生活するというアーティストのエコシステムを確立するためには、継続したプロモーションが必要です。アーティスト自身が、展示された自分の作品の前で直接ゲストにアピールするのは、最も効果的なプロモーション方法です。

 

2016年の個展へ向けて、また今後の海外でのアーティスト活動の足がかりとするため、ニューヨークへの渡航費と、リーフレットの制作費を集めたいと思います。

 

(絵本原画展)

 

(作品を紹介する様子)


2011年から木版画技法で作品を制作しております。

 

私は2011年から、多色刷り木版画の技法を使ってアート作品やイラストレーションを制作しています。これまでに計5回の個展を開催し、それ以外にも多くの企画展にも参加してきました。

 

木版画独特の風合いと、「版画」という言葉から多くの人が感じる、どちらかというと地味なイメージを良い意味で裏切る色彩の鮮やかさが好評で、少しずつですが確実にファンを増やしていっています。

 

これからのアーティストは海外進出が必然と思い、2011年に台北で、2013年にニューヨークで個展を開催しました。特にニューヨークではさまざまなギャラリーをリサーチしたり、活動を応援してくれる友人もできたりと、たしかな手応えを得ました。

 

(彫刻刀で版を彫っている様子)

 

日本にしかない、多色刷り木版画を海外の人々に知ってもらいらい!

 

今回の100人展のテーマ「東京(TOKYO)」にもとづいて、これから制作します。私の作品は、空想的な植物や動物を鮮やかな色彩で描き、かわいさのなかに少しひねりを加えた世界観を表現しています。したがって、現実の東京の風景をそのまま描くのではなく、私の好きな東京のイメージ、こうであってほしいという東京を象徴的に表現しようと思います。

 

また2016年の個展のテーマは「物語」。見た人がそれぞれに物語を想像できるような作品を作ります。前回2013年に開催した個展で、木版画のあたたかく素朴な風合いが、ニューヨークの人々にも受け入れられることを実感しました。また、多色刷り木版画という技法はあまり知られておらず、技法そのものにも興味を持たれました。ですので2016年の個展は、技法についてももっと詳しくアピールしたいと思います。規模は、10点から15点ほどです。

 

(多色刷りをしている様子)

 

日本にしかない、浮世絵と同じ技法である多色刷り木版画の紹介によって、日本独自のアートをアピールする機会にもなると思います。また、海外でのアーティスト活動のために必要なものとか、展覧会を見に来たゲストにどんな質問をされるのかといった情報を紹介することは、海外進出を考えている日本人アーティストにとって参考になると思います。

 

(コロンビア大使館に展示された作品)

 

引換券について

 

・サンクスレター

・実際に使用するプロモーション用のリーフレット

・手刷り版画ポストカード 木版画パネル(小)

・木版画パネル(大)

選んで頂ける作品リスト:http://www.hattorinanako.com/gallery/


最新の新着情報