プロジェクト概要

カンボジアでの教育支援の一環として

プノンペン郊外にある学校の子どもたちに奨学金を届けたい!

 

はじめまして。大阪の高校で英語の教員をしております、仙崎裕右と申します。小中高校・大学などで英語を教える教員を中心に結成されたNPO法人「イー・ドリームズ」という団体に所属しております。

 

縁があってカンボジアの教育支援を行う機会があり、つながりのできた地域に英語の教科書をを4年にわたって寄贈してきました。その地域の学校全てに支援を行ったことでいったん教科書支援を終え、現地のニーズにこたえるべく今度は奨学金プロジェクトを立ち上げます。

 

今回、カンボジアの学校で成績優秀者のために用意する奨学金にご支援頂けないでしょうか?

 

(昨年の贈呈式で)

 

 

カンボジアの教育事情・働く子どもたちの姿を目の当たりにして


私たちが初めてカンボジアを訪れたのは2008年2月。英語教育の国際学会に出席した際に知り合った現地の教員より、カンボジアの教育事情を聴くことができました。また、アンコールワットなどの観光地では、観光客に花や野菜、魚などの物を売って家計を支える子どもたちの姿も目にしました。

 

(寺院で花や線香を売りに来る子ども)

 


学校に行きたくても経済的な事情で通うことが叶わない、

通うことはできても満足には授業を受けることができない

 

見学した授業で机の上に何も置かず、教科書もなしで授業を受けている生徒がクラスの半数ほどもいることに気づき、現地の教員に尋ねると、1ドルもしない教科書を買うことができないのだと教えられました。学校に通うことが出来る恵まれた生徒たちでさえそのような状況であることを知りショックを受け、2011年より4年に渡り、つながりのできたプノンペンにあるコンポンチャム州の4つの学校にのべ6000冊の英語の教科書を届けてきました。

 

(昨年の贈呈式で)

 

 

奨学金を得られることで、家庭も安心して

子どもたちを学校に通わせることができるようになります

 

この地区にある学校には、すでに教科書を届け終え、次にどう支援していくか考えていたところ、支援を始める前から懇意になっていた、Batheauy High Schoolの校長先生より奨学金の資金の提供を依頼されました。カンボジアでは、学期内で何度か試験を行い、その成績優秀者に少額の奨学金を与える伝統があり、その資金の援助を希望されてきたのです。

 

(感謝の気持ちを伝える子ども)

 

 

少しの奨学金だとしても、生徒たちは大いにやる気を出し、

勉強に打ち込むことができるようになります

 

支援は年に7回ほど、各クラス上位者5名に1~5ドルの奨学金を渡すという形で行われます。合計で2000ドル強の金額が必要です。これまでは会員の持ち出しで援助を行っておりましたが、私達だけの力では限界があります。まだまだ教育に理解の少ないカンボジアの家庭では、特に女性は学校に行くよりも家の手伝いをしなさいと言われるケースが多く、現在でもなかなか教育が定着しにくい状況です。

 

(昨年の贈呈式の風景)

 

 

求められている支援の形を受け入れるということ

 

お金と教育とを直結させることは日本では考えにくいケースで、私たちも大いに抵抗を感じ、迷いましたが、カンボジアの社会、経済的な事情が異なっていることもあり、望まれない支援をこちらの自己満足で行うよりは、求められている支援を行うことが大切だと考え、現地からの依頼を受けることにしました。

 

(感謝の気持ちを伝える生徒)

 

 

カンボジアの未来のために

 

昨年、教科書の贈呈式でカンボジアの学校を訪れた折、前年に奨学金を届けた学校も訪れました。そこで、奨学金をもらえた子どもたちが出迎えてくれ、お礼の言葉を伝えてくれました。その中で、この制度で何か不都合なことはないか、と尋ねたところ、即座に「NO!」という元気な答えが返ってきました。お金という形ではあれど、この制度が子どもたちの血肉になっているのがよく分かります。また、何人かの子どもたちは、次々と英語で未来の夢を語りに来てくれます。「英語をどんどん勉強して上手くなりたい。」、「ガイドになりたい。」、「農業関係の仕事をしたい。」、「医者になって困っている人を助けたい。」…。

 

(Batheauy High Schoolの生徒たち)

 

 

カンボジアの未来を子供たちと家庭を支える奨学金に、

ぜひご協力をお願いいたします!

 

カンボジアの社会や教育を取り巻く環境は日々変わっていっています。教育の重要性はますます高まってきており、勉強をきちんとして上級の学校に進んだかどうかが、子どもたちの将来に大きく影響を与えてきています。また、現地で実際に奨学金を手にした子どもたちや保護者の生の声をYouTubeでも紹介しています。チャンネルは「e-dream-s」で検索してみてください。

 

 

これまでの私たちの活動や、新着情報などはe-dream-s ホームページでも報告しています。支援することで、小さい一歩ながら子どもたちの将来、カンボジアの教育、ひいては社会の発展のために貢献していきたいと思っています。目を輝かせて夢を語る子どもたちのため、皆様からの暖かいご支援をお願いします。

 

 

▼▼▼ 引換券について ▼▼▼

 

①ニューズレター・ポストカード

今回のプロジェクトの報告をするニューズレター
及び、現地の学校・生徒たちの様子を写したポストカード(子どもたちからのメッセージ入り)

 

 

②黒胡椒

カンボジア産のブラックパッペーは大粒で独特なフルーティーな芳香が
あるため、「世界一美味しい」と評されるほどの品種です!

 

 

③クロマー 

クロマーとは綿でできたカンボジア産のギンガムチェックのスカーフです。

色柄はお任せ下さい!

 

 


最新の新着情報