ページを公開して半月程度経ちました。。。

支援してくださった方、ページを見てくださった方ありがとうございます!

 

実際、現地に行ってどんなことをするのか想像できないと思います。

簡単にですが説明します。

 

今回は、6人のチームで閉鎖空間の中で2週間生活します。なぜユタ州にあるのかというと、周りの風景が火星の風景に近いものがあるからです。

 

外に出る際は専用の宇宙服を着る必要があり、その時も時間は制限されており(実際は空気に限りがあるから)、時間内に帰ってこなければなりません。

また、外部との通信容量も制限されており、通信する際にはタイムラグも発生します。実際に現在の技術で火星と地球とで交信すると数十分のラグが発生します。

 

もちろん、食料も制限されており生鮮食品はほとんど食べることができません。そのため、今回はフリーズドライや缶詰の食品を持っていきたいと考えています。

日常生活も様々なことが制限されており、地球の生活とは多くのことが異なると考えられます。

 

実際に経験しないとわからないこともたくさんあります。

こうした場所での生活は一度も経験したことないのでほんとにわからないことだらけです。

多くの方へ経験したことを伝えていき、宇宙や火星に興味を持っていただけるように活動していきたいと考えています。

 

基地周辺の風景

 

参考リンクを記載しておきます。

https://www.facebook.com/themdrs/

http://mdrs.marssociety.org/

新着情報一覧へ