『4年目の今、私たちにできること。』

2015年3月11日。

東日本大震災から4年が経ちました。被害に遭われた方々に心からお悔やみ、お見舞い申し上げます。

 

震災後、多くの若者がこの震災に向き合い、各地で復旧・復興のための活動を行ってきました。しかし被災地や避難先では、まだまだ震災の傷跡が残っています。
そのような中、私たち若者は、東日本大震災の時代に生きた者として、今、何が出来るのでしょうか?


私たちはその一つの答えとして、「考えること」があると考えています。


この企画を通して、東日本大震災の時代を生きた私たちがこれからについて「考え」、日本ユース防災宣言として発信し、災害時に若者が被災者のためにもっと貢献できるような環境や体制作りが行えたらと思っております。


開催まで残り4日となりましたが、当日までに全力で準備していきたいと思います。

 

(14時46分 集まったメンバー全員で大阪から祈りを捧げました)

 

(気仙沼市で行われている追悼式典に参加しているメンバーもいます)

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています