READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

今までにない「避難生活」をテーマに被災地から学ぶ場を作りたい

今までにない「避難生活」をテーマに被災地から学ぶ場を作りたい

支援総額

3,083,000

目標金額 2,400,000円

支援者
153人
募集終了日
2014年1月20日
プロジェクトは成立しました!
16お気に入り登録16人がお気に入りしています

16お気に入り登録16人がお気に入りしています
2013年11月02日 11:14

ワークショップづくりの想い

CCJ防災ワークショップ担当の伊丹です。多くの方に引っ張られるようにしてこのプロジェクトをスタートできたと思っています。

 

たくさんの温かいメッセージや応援を本当にありがとうございます。

 

さて、今回のプロジェクトにおいてそのまさに軸となるワークショップの開発…
専門的に知識が多い所を担当させてもらっていますが、まずは自己紹介をさせてください。
 


銭湯でのワークショップ開催時での一枚。番台からお届けします(笑)

 


この道へきっかけは大学の時です。

 

私は大学で主に「防災」「リスクコミュニケーション」を研究対象として卒業しました。学問として専門的に都市計画、土木分野を学んできた中でも「災害、地震」の授業は衝撃でした。

 


阪神淡路大震災で、報道されていないリアルな情報。

多くの人の死、悲しみ、厳しさ。

 


それまでの価値観が変わる瞬間でした。

 


まちを作り上げることは「生きる(守る)所を作る事」
だけど、たった一度の地震で、台風で、
人が作り上げてきた大切なもの、命も失ってしまうことがある。
それが事実であり、歴史でもある。

 


「自然の力に勝つことなんて無理だけど、
寄り添って、いのちを守りながら生きていくことはできるのかもしれない」

 

そのためにできる事ってなんだろう?と考えたのが研究のきっかけでした。

 

(次回に続きます)

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

1.お礼メール
2.CCJ×アサヒ 非常飲食物ギフトセット

支援者
81人
在庫数
制限なし

10,000

alt

1.お礼メール
2.CCJ×アサヒ 非常飲食物ギフトセット
3.公開勉強会に無料ご招待(1回)

支援者
38人
在庫数
62

20,000

alt

1.お礼メール
2.CCJ×アサヒ 非常飲食物ギフトセット
3. 公開勉強会に無料ご招待(1回)
4.制作する「大震災のリアル〜共助の手引き〜(仮称)」を1冊プレゼント

支援者
34人
在庫数
16

100,000

alt

1.お礼メール
2.CCJ×アサヒ 非常飲食物ギフトセット
3.公開勉強会に無料ご招待(1回)
4.制作する「大震災のリアル〜共助の手引き〜(仮称)」を1冊プレゼント
5.制作する「大震災のリアル〜共助の手引き〜(仮称)」にお名前を掲載

支援者
2人
在庫数
8

200,000

alt

1.お礼メール
2.CCJ×アサヒ 非常飲食物ギフトセット
3.公開勉強会に無料ご招待(1回)
4.制作する「大震災のリアル〜共助の手引き〜(仮称)」を1冊プレゼント
5.制作する「大震災のリアル〜共助の手引き〜(仮称)」にお名前を掲載
6.モニターツアーに1回無料ご招待

支援者
1人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする