READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

今までにない「避難生活」をテーマに被災地から学ぶ場を作りたい

吉高美帆

吉高美帆

今までにない「避難生活」をテーマに被災地から学ぶ場を作りたい
支援総額
3,083,000

目標 2,400,000円

支援者
153人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
16お気に入り登録16人がお気に入りしています

16お気に入り登録16人がお気に入りしています
2013年12月27日 23:44

防災をキッカケに共助の意識を

こんばんは。CCJ村上です。

いきなりですが、僕自身、正直、防災というものに興味がありませんでした。


もう少し正確に言うと、防災ってなんだか堅苦しくて、いざというとき本当に役立つか分からない訓練をすることに疑問があって、災害に備えて日々を送るって窮屈。

そんな風に感じていました。


3.11以降も、復興支援はいろいろな形で行っていながら、防災については相変わらずピンとこない、それが素直な気持ちでした。


つまり、防災に対して受け身の姿勢で、まったく自分事でなかったわけです。
CCJと出会うまでは、です。

 

 

 

CCJでは、「都市に共助の地縁を」と謳っています。

この「共助」という言葉がとても大切です。


CCJでは、普段からひとりひとりが共助の意識を持つ、このことが全てのベースになっています。


共助の意識を皆が持てば、災害時だけでなく、あらゆることがうまく行く。そんなことを信じています。


高齢者にとっても、子育てするお母さんにとっても、スペシャルニーズのある方にとっても、どんな場面でも、当たり前のように助け合うことが出来る。そう思うのです。

 

なので、今回、僕らが取り組んでいる「共助のための防災・減災研修」は、避難所生活という他人との共同生活の際に役立つことはもちろん、普段の生活から共助の意識を高めるプログラムとして、自分の中でとてもしっくりきています。


「防災について考えることを通して、共助の意識を高める研修」なのだと思っています。


どうぞ応援をお願いいたします!

一覧に戻る

リターン

3,000

1.お礼メール
2.CCJ×アサヒ 非常飲食物ギフトセット

支援者
81人
在庫数
制限なし

10,000

1.お礼メール
2.CCJ×アサヒ 非常飲食物ギフトセット
3.公開勉強会に無料ご招待(1回)

支援者
38人
在庫数
62

20,000

1.お礼メール
2.CCJ×アサヒ 非常飲食物ギフトセット
3. 公開勉強会に無料ご招待(1回)
4.制作する「大震災のリアル〜共助の手引き〜(仮称)」を1冊プレゼント

支援者
34人
在庫数
16

100,000

1.お礼メール
2.CCJ×アサヒ 非常飲食物ギフトセット
3.公開勉強会に無料ご招待(1回)
4.制作する「大震災のリアル〜共助の手引き〜(仮称)」を1冊プレゼント
5.制作する「大震災のリアル〜共助の手引き〜(仮称)」にお名前を掲載

支援者
2人
在庫数
8

200,000

1.お礼メール
2.CCJ×アサヒ 非常飲食物ギフトセット
3.公開勉強会に無料ご招待(1回)
4.制作する「大震災のリアル〜共助の手引き〜(仮称)」を1冊プレゼント
5.制作する「大震災のリアル〜共助の手引き〜(仮称)」にお名前を掲載
6.モニターツアーに1回無料ご招待

支援者
1人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする