こんにちは。アジアクラフトリンクのプロジェクトページを訪問いただき、ありがとうございます。本日は、前回のお知らせの続きで、給水設備改修について、工事進捗のお知らせです。

 

 

給水設備は、基礎、貯水タンク、配水用のパイプ類を順に設置していきます。基礎組みが終わり、貯水タンク部分の姿が見えてきました!

 

tank
地下にも基礎をしっかり。上の円筒状のものが、貯水タンク部分です

 

貯水タンクには、コンクリート製の既成ユニットを組むタイプを採用。プラスチック製のものに比べて耐久性があり、ミャンマーの炎天下の中でも水を冷たく蓄えてくれます。

 

さらに、きっちりとした施工を行えば、密閉され、ゴミが入ったり藻が発生したりすることなく、大がかりな清掃が必要ありません。

 

tankold
現在利用している設備は、水を貯めてから色々なものが入り込む可能性が


床貼り、給水設備ともに、工事後半もスムーズに進みますように!次回のレポートをどうぞお楽しみに。

 

 

新着情報一覧へ