プロジェクト概要

ミャンマーの小学校にある、冷たいコンクリート製の床を

くもりのある木の床にしてあげたい!

 

はじめまして、NPO法人アジアクラフトリンク代表理事の斎藤秀一と申します。私たちは、ミャンマーの木材で木の生活雑貨を作り、地域産業育成による自立支援をめざして活動しています。

 

知人に誘われて初めてミャンマーを訪れた時、その神秘的な世界に魅了され、ミャンマーの人々との親交を深めていきました。この国のために何かしたい、という思いが強くなり、ミャンマーの唐木を利用し、その伝統工芸の技術を生かしたクラフトを地域産業に育てていきたいと考え、今の活動が始まりました。

 

その中で、大事な環境資源を守るために、地域の人々と一緒に植林活動を行っていきたいと考えるようになったのです。100年後もミャンマーで木工産業が継続していくように、そして子供たちの未来や地球環境を守るため、「ミャンマーの森づくりプロジェクト」を開始しました。

 

ある日、このプロジェクトの中で植林を行なった、ミャンマーのバゴーにあるレイ・エ・スー小学校の校長先生から、「学校の床がコンクリート製でとても冷たく、床に座ることが多い子供たちの体調が心配だ」という悩みを聞きます。実験的に、1つの教室にベニヤ板を使った簡単な木製の床を作りましたが、毎日子供たちが歩くことですぐにボロボロに。

 

そこで、今回は、しっかりとした木製の床にしてあげたいと思い、このプロジェクトを立ち上げました。皆さま、どうかご支援お願いいたします!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

村で唯一の学校である、レイ・エ・スー小学校

 

「ミャンマーの森づくりプロジェクト」の中で、私たちは、地域の人々や木工関係の人々などと一緒に、毎年植林活動を行っています。2017年7月に行われた第1回目で植林を行なったのが、レイ・エ・スー小学校でした。先生方だけでなく、村長さんやこの小学校に土地を寄付した方にも手伝っていただき、紫檀(したん)・黒檀(こくたん)・マレーカリンなどの唐木100本の植林を行うことができました。

 

レイ・エ・スー小学校は、村で唯一の学校です。小学校と呼んでいますが、実際は幼稚園から中学2年生までが勉強しています。幼稚園、小学校5年、中学校2年の計8学年を7名の先生で教えています。幼稚園の教室には、字や数字を覚える教材がたくさんありますが、全て先生方の手作りという皆で作り上げている学校です。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

この小学校の床は、コンクリートにビニールシートを敷いただけのものです。園児は床に座っていることが多いため、とても冷えてしまいます。校長先生は、園児たちが風邪を引かないか心配されていたことから、園児たちの1教室分だけ木組みを作り、木製の床材を張り、床改修のお手伝いを現地の人たちと共に行いました。

 

しかし、薄いベニヤを張っただけの床だったので、すぐに破損してしまいました。

 

そこで、今回のプロジェクトを通して、工事にかかる費用をご支援いただけないかと思い、クラウドファンディングへの挑戦を決めました。

 

 

現地の方にご協力いただき、木製の床を設置します

 

今回、皆さまから頂いたご支援で、コンクリートの床を木製の床に改修いたします。コンクリートの上に木組みをして、しっかりした木材を張るという工事です。ミャンマーのこの地区には工務店などがありませんので、工事は以前にも依頼した、現地の大工さんに依頼予定です。

 

また、レイ・エ・スー小学校には、教室が全部で5つあります。1教室分の工事費は、日本円で約100,000円ほどかかります。そこで今回はまず、以前ベニヤ板を設置した教室を含む2教室分200,00円を第一の目標とし、こちらが達成できましたら、さらに残りの3教室分300,000円(合計:500,000円)を目標にしていきたいと思っております。

 

【第一目標】200,000円:2教室分の工事費用

【第二目標】+300,000円:残り3教室分の工事費用

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
 

 子供たちが、しっかり学べるような環境に!

 

今回の工事と通して、子供たちは冷たい床に座ることがなくなり、健康状態や勉強の環境が良くなります。また、地域の人たちの協力を得ながらの支援活動となるので、地域の人たちの子供たちへの関心や学校とのつながりも深くなることが期待できます。子供たちが成長していく過程での、良い影響になってくれることを願います。

 

ミャンマーはこれからどんどん発展していく国ですが、現在はまだ日本の昭和初期の頃のような環境です。地域の伝統産業を活かしつつ、子供たちが将来に希望が持てるようにしてあげたい、との思いで活動をしている私たちです。

 

そして、大切な自然をしっかりといい形で残しながら、経済的に自立できるようにしていく過程で、現地の人たちとかかわりを持ち、つながりながら一緒に成長していくことも大切だと思っています。

 

教室の床張という小さなプロジェクトですが、小さなことを積み重ねて大きく育っていければいいと思っています。ミャンマーの子供たちと触れ合いながらの活動は、日本では味わえない、心温まるものがあります。どうか、皆さまからの温かいご支援をお願いいたします!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
 

リターンのご紹介:ミャンマーからのすてきな木製グッズ

 

私たちは、ミャンマーからのフェアトレード品をご紹介しています。ミャンマーの職人さんたちが現地にある自然の素材を使い、一つ一つ丁寧に手作りしています。ぜひお手に取って優しい肌触りや温もりを感じていただきたいとの思いで選ばせていただきました。

 

○箸置き

タガヤサンという硬質な木の端材(大切な木を無駄にすることなく)を利用し、色の違いを生かして本物の栗そっくりな箸置きができました。手触りもやさしく、手に取って見たくなるようなデザインです。さらにおいしい食卓になること請け合いです。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

○木のカップ

保温力抜群ですが、持った時に熱さを感じさせません。またビールなど冷たい飲み物を入れた時に結露が生じません。使い勝手の良いやさしさあふれるカップです。

 

○シャン紅茶

ミャンマーの北部山岳地帯のシャン州で採れた紅茶です。標高1800mの自然な環境で栽培しております。有機肥料で育てましたのでとっても安心して飲んでいただけます。

 

○リーフ皿Mサイズ

マレーカリンで作った葉っぱの形のおしゃれなお皿です。

 

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)