B4b8a5ad710274f04bb511f34515b7a9267e288a


皆さん、はじめまして。ADL38th会長の髙田厳三朗です!
いまADLは7月8日に開催する玉見山祭というイベントに向けて練習に励んでおります!そして、練習の後は12月の自主公演に向けて執行代である3年生でミーティングをしています!

自分はこうして日々会長という立場で活動するにあたって、感じることがあります。それは大人数を動かすことの難しさと、それと共についてくる責任の重さです。
ADLはひとつのサークルですがいい意味で部活っぽく、日頃から規則や礼儀を重んじています。それにつれて前に立つ者はそれなりの責任を負わなければなりません。かといって厳しくし過ぎても、サークルなのにそんなに厳しくする必要があるのか、という考えも浮上してきます。
各々やりたいことがあり、違う方向を向いてる大人数を同じ方向に向けて動かすというのはとても難しいことだと感じます。しかし、その分その役目を全うできた時に見えるものは素晴らしいものになると信じてます。
みんなそれぞれ抱えるものがあって、悩みや迷いがあるけれど、その上で1つの作品を作り上げ、それを通じて届けたい思いがあります。色んな経験ができる大学生活の大半をこのADLに、公演に捧げる覚悟です。
しかし、どんなに頑張っても努力しても学生だけではどうしても対処できない問題が出てきてしまいます。
どうか皆さんのご支援をいただけないでしょうか。この投稿を拡散していただけるだけでも、大変助かります。
是非、よろしくお願いいたします!
新着情報一覧へ