NPO法人2050ネパールの女性起業支援・クラウドファンディングへの

ご協力、また興味関心を持っていただきありがとうございます!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2015年5月7日現在、8名の方にご支援賜り目標の19%の状況です。

【残り20日で、あと401,000円】が集まらないと、せっかくご支援を表明下さった

皆さまのお志を、ネパールの農村女性にお届けできません!

ぜひ、お一方でも多くのお仲間のもとに、本プロジェクトの情報が行き渡り、

ご参画いただけますよう、心からお願いを申し上げます。m(__)m

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

◆ネパール女性起業支援ノート No.2◆

2014年3月のネパールスタディーツアーに、現地ガイドとして参加された

ミラン君(水彩画家・僧侶・ネパール料理レストランオーナー・一児の父)から

昨日5月6日にメッセージが届きました。

4月25日の大地震後、彼自身も、ご家族も状況は大変なものと想像します。

 

【ミラン君からのメッセージ2015/5/6】

”ありがとうございました

私と かぞくもぶじだった の

うれしいよ

日本から しんぱいしてくれてありがとうございました”

 

ネパールの首都カトマンズの繁華街でネパール料理店を経営している彼は、

カトマンズから東に12㎞の古都バクタプールのご出身です。

ご実家は、バクタプールで最高の位にある僧侶のご家庭で

UNDPのプロジェクトサイト視察で通訳をするミラン君(2014年3月)

日本への留学経験もあります。

 

2013年3月、ガイドとして一緒にネパール各地を視察する中で、何度も彼が

「僕はネパール人だけど、知らなかったことが沢山あった。

   OKバジ(※1)に会いたくて、会いたくて、本当に会いたかった。

   今回会うことができて、とっても嬉しい!」

と話してくれたことを、鮮明に覚えています。

 

◆2014年3月のNPO2050スタディーツアー

本プロジェクトの現地での活動主体となる、Sisterhomeとは?

ぜひ、こちらをご覧ください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【プロジェクト視察①-2 Sisterhomeの全貌】
http://www.npo2050.org/?p=2206

 

(※1 OKバジとは?というご質問にお応えすべく、次回は我らがOKバジ

        について、お伝えしますー☆彡お楽しみに)

________________
NPO法人2050:http://www.npo2050.org/
Twitter: https://twitter.com/NPO2050
Facebook:https://www.facebook.com/pages/Npo2050/336914682996926?ref=hl
ReadyForクラウドファンディング担当
有山 美代子 
ari@npo2050.org
________________
※2050のネパール大地震への救援活動「マヤ・コ・ビュー」資金援助
 http://www.npo2050.org/?p=2666
 こちらもよろしかったらぜひご覧ください。

新着情報一覧へ