プロジェクト概要

畜産業の廃業を打破するため立ち上がった肉屋にトイレを整備したい!

 

こんにちは。[あかまる牛肉店]の鳥飼賢吾です。今の畜産業が苦しいこと、廃業が増えていることの問題点はどこにあるのか?その理由の一つに「流通」の問題があるのではないかと思ったことがきっかけで2014年7月に店を始める決心をしました。

 

今は、弁当・惣菜を作る小原将大と、パートの2人に交代で出勤してもらい店を運営しています。開業から間もなくイートインの場所ができたものの、トイレの整備がまだできていません。下水道の引き込みに多額の資金が必要なためです。下水道が通っている公道沿いから、トイレまでの距離は約50mです。

 

トイレの整備費用、およそ150万円のうち50万円が足りません。どうか応援よろしくお願いします。

 

(中学生が牛肉を食べている様子)

 

 

女性でも子供でも利用しやすい水洗トイレを!

 

あかまる牛肉店のイートインスペースは、店頭で購入した弁当や惣菜が食べられるほか、店頭の肉を焼いて食べていただくこともできます。長く滞在していただくには、トイレの利用は必要です。そこに、女性でも子供でも利用しやすくきれいな水洗トイレがあれば良いと思うのです。

 

配管の長さに比例して工事の金額は高くなります。このトイレを改装し、水洗トイレにすることでもっと利用していただける店にしたいと考えています。

 

この店が流行り、儲かることは、従業員の幸せが第一にあります。そして、お客さんに上質な鳥取和牛を、できるだけ安く提供することができるというメリットもあります。

 

(鳥取和牛のセリの様子)

 

 

毎日休みなく働いているのに、収入の少ない畜産業

 

私の実家は、西日本最大級の山、大山のふもと、鳥取県倉吉市関金町で約40年間、和牛農家を営んでいます。今は肥育(牛を太らせ出荷する)と繁殖(人工で種をつけ子牛を生産する)の一貫経営で約200頭を飼育しています。

 

畜産を取り巻く問題点として、飼料価格の高騰、子牛導入価格の高騰が農家の所得を圧迫していることが挙げられます。私も、幼い頃から“毎日休みなく必死に働いているのに、身入りは少ない”という印象が農家に対してありました。

 

(イートスペースの様子)

 

 

飼育ではなく流通で状況を打破するために牛肉店を開業

 

私は当然のように、実家の農業を継ぐ気にはなれず、雑誌社で編集の仕事をした後、海外を放浪、鳥取に帰省したときに地元テレビ局の試験に受かり、そこで9年間勤めました。実家にいるとき、父や、跡を継いだ弟に対して「農家はこれからの時代、独自に販路を持たないと!」とか「そのためにはやっぱりブランド化でしょ!」と、はじめは外から物を言うだけでした。

 

しかし、200頭という数の牛を毎日世話するだけでも精一杯な家族を見るにつけ、だんだんと「自分がその役割を担うべきでないのか?」という自己反省に至ってきました。

 

そして、「飼育をしていても変わっていかない。自分は牛を育てることではなく、流通の面で今の状況を変えていくことができないか?」と思い、店を始めました。

 

(従業員の様子)

 

 

価値のあるものを適正な価格で流通させる

 

店を始めようという最初のきっかけであり最終的な目標は、店が『1円でも高く牛を買えるようになること』であり『農家が儲かること』です。これは鳥飼の実家の畜産だけではありません。

 

豚や鶏の生産者も、イノシシの猟師も、弁当に使う米、野菜の農家も同じです。同じように、肉のパックを販売する会社も、冷蔵庫の修理屋さんもこの店を通して儲けていただきたいと思っています。それは、安さや数だけを選択の基準にするのとは違い(その努力はしなければいけません)、ちゃんとしたものを適切な価格で流通させることだと思うのです。

 

(牛肉の惣菜を食べている様子)

 

謙虚な農家は、自分が飼った牛が評価されるとこう言います。

「ここまでがんばった牛を褒めてやってください!」

 

そして、肉屋である私は、自分が販売する肉が評価されるとこう伝えるようにしています。

「毎日休みなく牛の世話をしている農家さんたちを褒めてあげてください!」

 

どうか応援よろしくお願いします。

 

 

 

引換券について

 

■farmer's file

あかまる牛肉店と取り引きのある農家を取材した新聞のようなもの[farmer's file]を随時製作しています。現在できているペーパーをお送りいたします。

 

(farmer's file)

 

■和牛ベーコン
あかまる牛肉店では、オリジナルで「和牛ベーコン」を作っています。鳥取和牛の霜降りの入ったバラのブロック肉を桜のチップで燻したものです。ベーコンは通常、豚で作りますが、他に類のない和牛ベーコンをお送りします。

 

(和牛ベーコン)


■鳥取和牛の焼肉セット4人前

鳥取和牛のロース、カルビ、鳥取県産の豚肉、鶏肉を詰め合わせた4人前のセットをお送りいたします。

 

(焼肉セット4人前)


■鳥取和牛ステーキセット(サーロイン2枚、ももステーキ2枚)

鳥取和牛は「オレイン55」というブランドがあるように、脂には脂肪酸のひとつオレイン酸が多く含まれているのが特徴です。オレイン酸はオリーブ油や椿油の主成分。くどくない、さっぱりとした脂の旨みを感じてください。サーロインは脂の多すぎないA4等級のもの、ももステーキはとてもやわらかい赤身です。いずれも特別なときのお食事に。

 

(もも肉)


■鳥取和牛ステーキセット(サーロイン2枚、ヒレ2枚)

鳥取和牛の極上セット。いずれも、レアでもウエルダンでもお好みの焼き加減でお召し上がりください。中まで完全に火を通しても、柔らかさとジューシーさを感じられる、間違いなく美味しいセットです。

 

(ヒレ肉)

 

■新ブランド創出を共に考えましょう!
鳥取和牛を全国へ、また世界へ広めるためのプライベートブランドを創造しようと考えています。その商標登録を一緒に考える権利が得られます。これからの時代、どんな牛肉が好まれるのか、ともに考えていきましょう。