コワーキングスペース設置場所にて、イベントを実施しました!

anyplace.work 富士吉田 を開設する「山梨県富士吉田市」にて、関係者を集めてのイベントを4/19に実施しました。

 

現在、anyplace.work 富士吉田には「何も」ありません。こちらの写真の状態です。

 

 

ついでに、空調設備が整っていないため、外と中の気温が変わりません。水の準備もできていないため、お手洗いも使用できません。

 

そんな状況ですが、どうしても関係者を集めての初めてのイベントは、コワーキングスペースを設置するこの場所でやりたい! 

 

そう思い、考えた会場コンセプトがこちら

 

「室内キャンプ」

 

なぜ、室内キャンプなのか

 

・コワーキングスペース設置場所は3面ガラス張りの建物になっていて、「外」と「内」が緩やかにつながる空間であるため

・何もないからこそ、様々な垣根を超えて、繋がりを深めていく空間にできると思ったため

・キャンプは、どんなところでも仕事や生活ができる要素を持っていると思うため

 

 

実際の室内キャンプの様子はこちら

 

 

テントの下は芝生に見立てたマットをひいて、ハンモック・自転車・クーラーボックス・ランタンなどを各所に配置しています。

 

夕方始まったイベントですが、夜になるにつれて、ムードがでてきました。

 

 

夕方はanyplace.work 富士吉田についての情報共有をメインとして、夜は懇親会を開催! 盛り上がりました!

 

 

 

 

 

今回のイベントは、昨年よりanyplace.work 富士吉田 プロジェクトについてお話しさせていただいていた方々をご招待させていただき、プロジェクトの現状を改めて関係者で共有して、意見交換をすることを目的として開催しました。

 

集まってくださったのは、富士吉田市役所、地域おこし協力隊、東京理科大学 坂牛研究室、ふじよしだ定住促進センターの方々です。

 

昨年より、プロジェクトについてお話しさせていただいていた方々が、同じ空間に集まり改めて双方向で意見交換ができて、とても嬉しかったです。これからそれぞれが得意としていることを持ち寄って、プロジェクトを展開していけることがますます楽しみになりました。

 

anyplace.work 富士吉田のプロジェクトは「ただ富士山の麓にコワーキングスペースをつくる」のではありません。「一人ひとりが自分のライフスタイルに合った働き方を選択する」ために「働く場所の選択肢を広げる」ことを目的として掲げています。

 

「働く場所の選択肢広げる」ために、IT企業であり仕組み化を得意としているキャップクラウドだからこそ、ITツールとスペースを掛け合わせて、「anyplace.work 富士吉田」を様々な角度から育てていきたいと思います。

 

 

東京と富士吉田を繋ぎ、働き方の選択肢を広げるプロジェクト「anyplace.work 富士吉田」

引き続き、応援・ご支援のほどよろしくお願いいたします!

https://readyfor.jp/projects/anyplacework/ 

 

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています