プロジェクト概要

 

職人さんの手で作られた青森の伝統的な工芸品。そこには、制作に一心に向かう、職人の方の技術や作り手の想いが詰まっています。しかし、青森では高齢化が進み、そんな魅力的な工芸品も姿を消しつつあります。大好きな、魅力溢れる青森伝統の工芸品をなんとかして守っていきたいと思い、青森の工芸品の魅力を伝え、販売もできるWebサイトを立ち上げようと決めました!

 

伝統的な工芸品に魅せられて、今回の挑戦をはじめました!

 

初めまして、新岡恵と申します。青森市出身で、大学では美術系の学部を卒業し、現在地元の青森で働いています。趣味は手芸で、織物や陶芸、工芸品を見ることが大好きです。


もともと家に津軽塗の食器やテーブルなどがあり、日常生活の中で青森の工芸品に親しんできました。小学生の頃、郷土館や県内の観光施設にある地域の工芸・民芸品紹介を見て興味をもったことがきっかけで、休みの日にはよく博物館や美術館の展覧会、クラフト市などに足を運んでいます。

私は出身が青森ですが、素晴らしい手仕事に溢れた青森に生まれてよかったな、と思っています。有名な津軽塗をはじめ藍染やこぎん刺し、裂織(さきおり)などがあり、それらは地域によって少しずつ違いや特色があります。そのほかにもたくさんの工芸品や製品がそれぞれの場所に生活に溶け込んで存在しています。

世界にも誇れる青森のものづくりを未来まで伝え守っていくことは、青森の風土や歴史を受け継いでいくことだと考えています。何か青森のためになることを新しく始めたいと思い立ち、今回クラウドファンディングに挑戦しました。

 

学生時代、作品を作っているところです。

 

高齢化により、素晴らしい作り手が減少しています。

 

青森県には有名な津軽塗やこぎん刺しのほか、手仕事から生まれる魅力的な工芸品、作品がたくさんあります。過去に大学の授業で地域の藍染職人の方のドキュメンタリーを作成した際には、職人の方が手間を惜しんで染めていく過程や作品にかける情熱、完成したクオリティの高さに大変に感動しました。自分が魅力を感じてきた、こういう品物たちは、職人さん達の素晴らしい手仕事があって作れられているのだ、ということを強く意識するようになりました。

 

近年では県外への積極的な販促や世界に向けての発信が行われていますが、一方では地域の作り手の方たちが高齢になり、存続が危ぶまれているものもあります。後継者不足の現状を知り、青森の郷土が育んだ工芸品の品が今後どんどん消えて行ってしまうのか…と思うと悲しくなり、なんとかして伝統工芸品を守っていきたいと強く思いたち、今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
裂織りの制作体験をしているところです。

 

魅力いっぱいの、青森県のものづくり。
その素晴らしさを伝え続けて行くために。


自宅にいながら様々な情報にアクセスでき、また多くの人に発信が可能であるインターネットの利点を活用して、Webサイトを作成し、紹介や商品販売することがより効果的に広報もできると思いつきました。

 

今回のプロジェクトでは、皆様からいただくご支援で、そのためのWebサイトを作成したいと思っています。県内の様々な地域で手仕事や作品制作されている方、団体を取材しインタビューなども合わせてサイトに掲載します。ただ商品を販売するのではなく、より製作者の想いが届きストーリーが伝わるような、読み物としても充実したサイトを目指します。


自分の足で県内の様々な手仕事をされている方や制作をしている方を訪ね、これまでの活動や作品への思いなど丁寧に取材していきます。それらのインタビュー内容や制作風景などの写真を合わせてサイトに掲載しつつ、制作者と作品と購入者を結ぶサイトを目指し、活動していきます。サイトから購入していただくと、作者の元から発送か若しくは当方が代理で発送いたします。運営は、販売した利益から運営に必要な費用を手数料として頂く委託販売の形式で行なっていく予定です。

 

Webサイトの概要

オープン完了予定日:7月1日

お問い合わせ先:aomonohirom@gmail.com

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
取材先をリサーチ中。作り手の皆さんの思いが伝わるようなサイトにします!

 

発信しつづけていきます!

 

青森県の工芸品や手工業に携わる人が広く知られ、若い方も参加し活動が盛り上げていきたいと思っています。また、特に高齢のものづくりを営む方にとっては、通信販売が収入の機会が広がることになります。

 

また、取材した皆さんをさらに広く知っていただくために紙媒体でも周知を行う予定です。こちらはまだ計画段階ではありますが、夏と冬の年に2回、ものづくりをする方々の活動や商品などを小冊子にまとめ、テイクフリーとして県内外の施設に設置できればと考えております。

春からは南部地域で活動する方への取材を進め8月に夏号として、秋からは津軽地域でものづくりなどの活動をされている方を取材し、来年1月に冬号として発行できれば良いなと思っています。

 

素晴らしい青森のものづくりをたくさんの人に知っていただければ嬉しいです。皆様どうかご支援よろしくお願い致します!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
ただいま販売サイトを制作中です!

 

青森県の魅力が詰まった、りんごや工芸品をお届けします!

 

本プロジェクトのリターンについて3,000円〜50,000円の4種類のコースをご用意しております。

 

リターンについて

 

お礼のメールとパンフレットコース(3,000円)

本プロジェクトのご支援に対して、感謝の気持ちを込めたお礼のメールと、夏に発行するパンフレットをpdfデータにしてメールに添付しお送りさせていただきます。
 

お礼のメールとパンフレット・裂織小物コース(10,000円)
感謝の気持ちを込めたお礼のメール、夏に発行するパンフレット、青森の裂織小物をお送りします。小物は1000円相当のものを送らせていただきます。※画像はイメージです。

お礼のメールと青森の雪室リンゴコース(30,000円)
感謝の気持ちを込めたお礼のメール、雪室で寝かせて甘みと瑞々しさが増した青森県産りんご約3キロをお送りします。

全部お届けコース(50,000円)
感謝の気持ちを込めたお礼のメール、雪室で寝かせて甘みと瑞々しさが増した青森県産りんご約3キロ、青森の裂織小物をお送りします。小物は3000円相当のものを送らせていただきます。
 

甘みが凝縮された、青森の雪室りんご

 

資金使途

 

サイト制作費:350,000円

取材費:150,000円

冊子デザイン、印刷費:300,000円

郵送費:50,000円

発送費:50,000円

リターン物購入費:50,000円

事務雑費:50,000円

以上必要な金額約100万円のうち、50万円をクラウドファンディングで集めます!


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)