クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

こどもも大人も平等!誰もが楽しめる実験的な展覧会を開きたい!

小笠原 舞

小笠原 舞

こどもも大人も平等!誰もが楽しめる実験的な展覧会を開きたい!
支援総額
744,000

目標 600,000円

支援者
63人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2014年10月06日 09:47

ダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきました!

おはようございます!

 

昨日は、こどもみらい探求社の共同代表の小竹めぐみと一緒に、

念願のダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきました!

 

 

暗闇の中で白杖を片手に大運動会。

 

はじめて会った5人のメンバーを加え、7人でたっぷり1時間半、
暗闇の世界を体験してきました。

 

視力がないと、普段使わない感覚が使われていく。
 

 

見えること、
話すこと、
助け合うこと、
人がそこにいること、
生きていること、
生まれてきたこと。


いろんなことに感謝できました。

 

日常の当たり前が当たり前ではなくなり、
何気ないことがとてもありがたく感じる。

 

こどもたちの気持ちにさらに近づけた気がしたし、

まだまだ使ってない感覚がたくさんあることに気づきました。


明日からまた自分の感覚、感性をさらに開いて、

毎日を、時間を大切に過ごそうと思いました。

 

とにかく、行ってない人は、行ってみてください!

 

 

 

 

あまり内容を書いてしまうと面白くないので、この辺で!

 

 

ダイアログ・イン・ザ・ダーク
http://www.dialoginthedark.com/

 

〜以下、HPより〜
暗闇の中の対話。
鳥のさえずり、遠くのせせらぎ、土の匂い、森の体温。水の質感。
足元の葉と葉のこすれる枯れた音、その葉を踏みつぶす感触。
仲間の声、乾杯のグラスの音。


暗闇のあたたかさ。

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、暗闇のソーシャルエンターテインメントです。

参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、グループを組んで入り、
暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、中を探検し、様々なシーンを体験します。

 

その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、
そしてコミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出します。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・主催者から心のこもったお礼メール
・asobi基地オリジナルステッカー
・保育士マークステッカー

支援者
27人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

上記のものに加え、
・こどもたちの作品で作った
 asobi基地オリジナル缶バッジ 2種類
・展覧会入場券  2枚

支援者
30人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

上記のものに加え、
・2015年 asobi基地無料券
(一部ご利用頂けないイベントもございます。)

支援者
2人
在庫数
18

50,000円(税込)

上記のものに加え、
・asobi基地代表の小笠原、東京支部代表の相原を始めとした保育士マークを持った保育士と学びのパートナー中西氏、コミュニティデザイナー菊池氏との座談会開催権(内容はご相談させて頂きます)

支援者
2人
在庫数
1

100,000円(税込)

・好きな場所でasobi基地を開催する権利
(内容は相談させて頂きます)

支援者
2人
在庫数
完売

プロジェクトの相談をする