美術監督を務めてくれている、しましま こと 長島加奈さんが、

この企画チームが結成したときに作ってくれたのが、この青い鳥のロゴです。

 

「なぜ、青い鳥にしたの?」と聞かれることが、度々あります。バレエでは、あまり上演されない作品なので、不思議に思うのも無理はないと思います。

 

私は、ストーリーを決めるにあたって、私自分が表現したいこと・伝えたいことはどんなことだろうかと、とても悩みました。そして、私が表現したいことを表現するためには、自分たちで一から作っていく事が必要だと考えるようになりました。

 

童話「青い鳥」を選んだのは、私の思いを絵本のような優しさを含んだ作品として、皆さんに感じていただきたいと思ったからです。ただ、私の思いを一方的に伝えるのではなく、小さい頃に読んだ、わくわくする楽しい絵本のような作品を作る事、それが私の目標です。

 

このロゴのように、皆さんにキラキラしたものをお届けしていきます。

 

新着情報一覧へ