みなさん、こんにちは!今月もあと9日で終わりですね(・・;)

ということはこのクラウドファンディングもあと9日で終わってしまいます( ;  ; )

 

こうしてみなさんに向けて私たちの情報発信できるのもあと少ししかないので、まだまだたくさん新着情報を更新していきたいと思います!ぜひ、書いて欲しい記事のリクエストなどありましたら教えてください(*^^*)!

 

さて、今回は少しMissDreamContestとは離れて、国内の活動に目を向けてみたいと思います。美容×国際協力を掲げているBelaVirinoですが、国内でもボランティア活動やイベントを行っています。例えば、Tokyo de Volunteerさんの活動に参加させていただき老人ホームや被災地でメイクのお手伝いをします。

 

私たちにとって国内ボランティアは、改めてお化粧の力を実感できる大切な機会となっています。今後も美容の力を多くの方と再確認できるような活動をしていきたいと考えています(o^^o)

 

そこで今回は実際にメイクアップボランティアに参加したメンバーのレポートをご紹介します♫

 

 

--------------------------------------------------✂︎-------------------------------------------------


BelaVirinoは他のボランティア団体と協力し、定期的にメイクアップボランティアを老人ホームや被災地で行っています。


老人ホームでのボランティアは、プロのメイクアップアーティストさんをお呼びして、老人ホームの入居者の方にメイクやヘアセットをするというもの。たくさんのメイク道具を持って行き、おばあちゃんの要望を一つ一つ聞きながら丁寧にメイクをしていきます。中には、「お化粧するなんて50年ぶり!」なんて声も。
最初はちょっと不安そうな様子の方も、仕上がって鏡を見せるととっても可愛い笑顔を見せてくれます。


また、男性の方にはヘアセットをします。いつもは起きたままの髪型の人も、ピシッと決まった髪型にとても嬉しそうな様子。「どうだ、ハンサムになっただろう?」と奥様に話しかけて、場が和む一面などもありました。
メイク、ヘアセットが終わったら写真撮影です。いつもより綺麗にしてもらった姿を、しっかりと残してもらいます。

 

このワークを通じて、BelaVirinoのメンバーは、綺麗になったり誰かにケアをしてもらうということは、女性のみならず男性にとっても、本人だけでなくその人を大切に思う人にとっても、とても価値のある幸せなことであると再確認します。


そして、何より喜んでくださるのはご家族の方々。いつもはあまり容姿に気を使わなくなってしまったおばあちゃんやおじいちゃんの晴れ姿は、ご家族の気持ちを明るくします。また、誰かにケアしてもらっているという安心感も感じるそうです。


また、被災地で暮らす方々にもメイクボランティアを行いました。震災後すぐはお化粧品などが思うように手に入らず、不自由な思いもされたそうです。それでも、周りが暗い雰囲気に包まれてしまう時こそ、自分のケアをしてあげることが大切。メイクボランティアを通じて人の肌と触れ合うことで、自分らしさを取り戻せる気持ちがすると言って下さいました。

 

メイクには人の心を癒す効果があります。フィリピン人であろうと日本人であろうと、人と一緒に自分の顔について話したり、触れてもらったり、褒めてもらうことで、心はとっても元気になります。人と人との距離が遠くなったと言われる今の日本にこそ、お化粧の力は必要なのかもしれないと思い、私たちBelaVirinoは日々日本で活動しています。

 

 

新着情報一覧へ