これまでの55日間で、

  • サポーター    110名
  • いいね!で賛同  6,377名(関連投稿含む)
  • シェアで応援   877名(関連投稿含む)

という予想を遥かに超える大勢の方より、あたたかいご支援・ご協力をいただきました。本当にありがとうございます。

 

 

奨学金1期生と2期生

 

 

私たちのクラウドファンディングの挑戦も残すところあと4日を切りました。

目標の145万円に対して、現在、28万円が足りていない状況です。
このクラウドファンディングは、目標金額に1円でも足りなければ、
ご支援が全額支援者様に返金されてしまう仕組みになっています。

 

 

奨学金1期生~3期生

 

 

これまで7,000名を超える皆さまにお寄せいただいた温かいご支援・ご協力を、無駄にはしたくありません。

必ずこのプロジェクトを達成させ、チベットと日本のこれからを担う若い世代のために大切に使わせていただきます。

 

 

奨学金2期生~4期生

 

 

来年の春、大きな夢と志を持つ日本代表学生20名とチベット奨学生100名による国際学生会議を行います。それは、双方にとって初となる試みであり、この第1回目を始まりとして、これから何十年も続いていく歴史がまさに扉を開けようとしています。

 

ここには、6年間かけてこれまで共に歩んできたチベット学生258名(第1期生~第6期生)と日本代表学生20名、これからの未来を担う若者たち278名の夢が込められています。無限の可能性をもつ未来の世代へバトンを渡すために、我々大人の役目として今回の企画を実現しようと強く決意しています。

 

 

奨学金5期生

 

 

人への投資=リーダー育成

 

レインボーチルドレンはこれまで高等教育の支援を行ってきました。

それは、人に対する支援のインパクト(効果)は無限大であり、世界中に存在する様々な問題を解決するには、”解決する人”を育てることが一番の近道だと考えたからです。

 

世界の進んでいくスピードは加速し、対症療法的に今を支援しても残念ながら根本的な解決へは至りません。人を育てる支援は時間がかかり回り道のようにも見えますが、問題を解決するリーダーをたくさん育成することで、世界の問題を解決する一番の近道になると考えています。

 

ご支援を単なる物資へと等価交換するのではなく、ご支援の何万倍もの、無限大の効果を生み出すのが人材への投資=”リーダー育成”という信念で取り組んでいます。

 

 

奨学金6期生

 

 

継続的な国際会議の運営

 

今回は、こういうクラウドファンディングという形で皆さまにご支援を募る形となりました。今回はうまく開催できても来年はどうするんだ?ということです。第2回目も第3回目も、毎年クラウドファンディングをやるのでは?と思われる方もいるかも知れません。

 

既に第2回日本チベット国際会議(2019年3月開催)に関しては、国際交流基金へ助成金の申請を済ませました。採択は確実ではないですが、これまでの積み重ねてきた実績による自信はあります。また同種の国際交流を対象とした助成はいくつかありますので、確実に予算を獲得していきたいと考えています。

 

上記助成金申請タイミングにあるように、今回は意志決定から開催までの期間が短く、助成金での開催にはまるで間に合いませんでした。しかし、過去最高となる奨学金100名分の負担があり、団体予算にはその余力はなく、皆さまのお力をお借りすることになりました。

 

ゼロから生み出す第1回目が最も大変ですが、予算さえ獲得できればこの会議が大成功することは確信していますので(集まった関西代表学生たちを見てください!)、何とか皆さまのご支援により記念すべき第1回目を成功へ導くことができましたら幸いです。

 


 

奨学金6期生と日本代表学生

 

 

最後となりますが、残りあと4日となります。

まずは、このクラウドファンディングを成功させる必要があります。このプロジェクトがきっかけで夢が生まれたり、希望を持つ若者たちがこれから多く輩出されることでしょう。本当に世の中を変える変化となる、若きリーダーも誕生すると信じています。

だからこそ最後までやり遂げたいと思います。

 

そこで、みなさまにお願いがあります。
すでに多くのご支援を頂戴しているところ大変恐縮なのですが、
もしよろしければ、ぜひ、最後の一押し、ご支援をお願いいたします。

重ねまして、皆様のご支援に心より感謝申し上げます。

あと4日間、プロジェクトメンバー一同全力で頑張ってまいりますので、最後までどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ