クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

僕らの夏休みproject 〜とびきりの夏休みをプレゼント〜

佐藤俊介

佐藤俊介

僕らの夏休みproject 〜とびきりの夏休みをプレゼント〜
支援総額
532,000

目標 500,000円

支援者
52人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
11お気に入り登録11人がお気に入りしています

11お気に入り登録11人がお気に入りしています
2012年07月18日 18:11

~現地視察を終えて~

 

さていよいよ本番もあと数週間!
今回は私、学生代表の杜が近況報告を担当させていただきます。

先日、私杜と代表の佐藤で現地の関係者の皆様へのご挨拶と
現地のご後援団体様や企業様、学校側との打ち合わせを兼ねて、
現地視察をして参りました。
多くの方との打ち合わせを重ねるたびに、
今回の夏企画の全容がますますあきらかになって、
私も気持ちに高ぶるものがありました。


そして、何といっても赤前小学校の子供たち!
僕らを発見するや、
うわー!いつ来たのー?☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
と大はしゃぎ!そして質問攻め!(笑)
今年も夏来るんだよね?
◯◯ちゃんもくる?
などと、コーフン状態の子供たち…
とっても微笑ましかったです。

地域の方とも一部の子供たちを交えて夕食を共にさせていただいたのですが、
震災の時の出来事やそのあとのこと。
震災を通して思ったことや、感じたことなど。
私達の想像を超えたような貴重なお話をたくさんしていただきました。
その中で印象的だったのが、家がある者と流された者の間にある壁の話でした。

その方が言うには、どうやらこの震災で家が残った人たちと
そうでない人たちに微妙な壁があるそうなのです。

その方自身は家が辛うじて残って、
そしてそのことに感謝しつつ
復興のために、地域のために、何かしたい!
と純粋に思っているそうなのです。
そして実際に、その方の家に仮設住宅の方々を招いて
ご飯をご馳走したりしたのですが、
運悪くそれをよくとらえてもらえず、
逆にお互いに傷つく結果を招いてしまったそうなのです。
 
そうして、自ら率先して支援活動するのはやめてしまったそうです。

そしてその方が最後におっしゃっていました。
僕らの夏祭りによって
つながるキッカケができたと。
そういったお祭りを企画してくれてありがとう。と。
僕らが率先して動くことはできないけど裏で手伝えることはなんでもするぞ。と。
 

私達”部外者”が
純粋に子供達の思い出に残る夏休みになるようにと企画した夏祭り。
この夏祭りが結果的にこうした地域の人々を
つなぐ効果があるのだと気付かされました。
良くも悪くも子供達に喜んでもらうために企画したものが
徐々に、地域をつなぐ、盛り上げるイベントになりつつあるのです。
改めて、この祭りも大事なイベントなのだと再認識いたしました。

長くなってしまうため割愛させていただきますが、
この他にも様々な貴重なお話をしていただきました。

今回の現地視察で私は、
僕夏を絶対に成功させたい!
子供たちにもっと喜んでもらいたい!
とより一層思うこととなりました。

子供達が最高の思い出を残せるように、
皆様に素晴らしい活動報告ができますように、
残りの準備も精一杯取り組みます。
今後とも、ご支援の程、何卒よろしくお願いいたします。


学生代表 4年 杜 迅
一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

*お礼のお手紙・僕夏レポートを送付

支援者
24人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

*子供たちと学生たちによるお礼メッセージが書き込まれた僕夏Tシャツの送付
*お礼のお手紙・僕夏レポートを送付
*活動の記録DVDを送付
*僕夏ステッカー×1枚を送付
*僕夏公式サイトにお名前を掲載

支援者
26人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

*子供たちと学生たちによるお礼メッセージが書き込まれた僕夏Tシャツの送付
*お礼のお手紙・僕夏レポートを送付
*活動の記録DVDを送付
*僕夏ステッカー×5枚を送付
*僕夏公式サイトにお名前を掲載

支援者
2人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

*子供たちと学生たちによるお礼メッセージが書き込まれた僕夏Tシャツの送付
*お礼のお手紙・僕夏レポートを送付
*活動の記録DVDを送付
*僕夏ステッカー×10枚を送付
*僕夏公式サイトにお名前を掲載
*僕夏Tシャツを送付

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする