プロジェクト概要

思い出のすべてを、津波に流されてしまった子どもたち。

子どもたちにとって夏休みは特別だから、とびきりの夏休みを贈りたい。

 

被災地の子どもたちにとびきりの夏休みをプレゼントする「僕らの夏休みProject」が、前回に引き続きREADYFOR?に帰ってきました!

3年目である「僕らの夏休みProject」とは、学生主体の東日本大震災復興支援プロジェクトであり、“学生達ができる学生らしい活動”をコンセプト に、様々な大学の有志によって組織された「僕らの夏休みProject 実行委員会」が中心となって企画、運営している団体です。

 

「僕らの夏休みProject」の夏企画は、昨年度はみなさまのお力添えにより、大成功を収めることができました。ありがとうございました!

 

今年も夏企画を成功させるために、前回ご支援下さった方も、今回初めての方も、どうかお力を貸していただけませんでしょうか。

 

 

僕夏の目標

 

私達が掲げている活動目標は主に以下の3点です。

①全国の学生達が夏休み等の長期休暇を利用し現地へおとずれ、子どもたちとふれあい、共に活動していくことで、これからの日本を背負って立つ子どもたちのお兄ちゃん、お姉ちゃんの役割を担っていきます!

②年々活動の輪を広げていくことで、多くの方々に参加してもらい、東日本大震災におけるボランティア活動をただの流行で終わらせない仕組み作りをしていきます!

③現地の民謡やお祭り等を活動内容に多く取り入れ、子どもたちからお年寄りまで参加してもらうことで、その地域の伝統や文化の継続と継承ができる活動内容にしていきます!

 

~ レクリエーションで勝利に歓喜する姿! ~

 

広がる輪 

 

3年目になる当団体。1年目に3大学24名の大学生で作り上げたイベントが、2年目の昨年には20大学58名の学生が参加する大きく魅力的なイベントとなりました。

そして、2年に渡って築いてきた子どもたちとの関係から、学生達を待ち望む声が未だに絶えません。地域住民からも多くの賛同をいただき、今年度から現地でもPTAの方々を中心に夏祭り実行委員会を発足するほどになりました。

昨年度の活動の記録です。是非ご覧ください!( http://goo.gl/iMzch )

 

~ 震災当時の岩手県宮古市赤前 ~

 

活動をはじめたきっかけ

 

私がこの活動に参加したのは去年の夏からでした。私自身、東日本大震災の時には、実家のある福島で今までにない大きな揺れを経験しました。時間が経つとともに被害の甚大さを徐々に理解し、“何かしなければいけない”と思ったものの、実際は直ぐに行動することが出来ませんでした。

そんな中、この活動に出会いました。

そして活動に参加し、実際に自分の目で被災地の状況や子どもたちの様子を目にしました。津波によって家々が流されてしまった場所には何もなく、草が生い茂り、まだ瓦礫も残っている状態でした。そんな状況下であっても子どもたちは元気に学校生活を送っています。しかし、それは表面上であり、実際にはまだあの時の恐怖が残っている子どもたちも数多くいます。

そんな子どもたちと共に、私達には何が出来るのでしょうか。

それは学生として、近い立場から目一杯遊ぶことで“子どもたちが笑顔になれる時間を数多く作る”こと。そしてそこから被災地に笑顔が生まれ、その子達が大きくなり、お兄ちゃん、お姉ちゃん世代になる頃、東北から笑顔と元気を発信していけるようになればと思っています。そのためにも活動を継続させる必要があると感じています。

 

~ 1年ぶりの再会!ただいま! ~

 

楽しいことの裏側

 

一見楽しいことばかりに見えますが、実際は大変なことばかりです。華やかな活動の裏には、実に多くの“裏方の活躍”があります。

“昨年、裏方として作業していた自分を知ってもらっているはずがない”と思っていましたが、今年の春に現地に行ったとき、私のことを覚えていてくださった方がたくさんいて、とても嬉しかった記憶があります。「支える人がいてこそ成り立つんだよ」昨年の夏企画のある夜に小学校の先生が言っていた言葉です。 多くの人の目に見えない“気働き”があって、1つの企画が成立すると改めて感じています。

 

~ 2012年度 夏企画の集合写真 ~

 

なにより”子どもたちの笑顔”のために

 

被災地の子どもたちは、いまだに津波の恐ろしい夢を見てしまう子や、海に近づけない子どもがいます。また、少子高齢化が進み、若い世代(お兄ちゃん、お姉ちゃん世代)がとても少なく、そんな子どもたちを親身になってサポートできる人が少ないのも現状です。

そこで、歳の近い学生達が小学校や地域住民と一丸となることで、地域問題を緩和させ、地域を盛り上げると同時に、“子どもたちが明るい未来を描ける楽しい思い出作り”に貢献するべきだと考えました。

 

~ みんなで食べるスイカは最高! ~

 

夏祭りが“再会の場”に

 

例えば、当活動の1大イベントでもある「夏祭り」。1年目は250名程度であった来場者も、昨年は口コミや前年度の反響によって400名程の方が足を運んでくださる“地域のイベント”となりました。地元の方々と協力して地域一帯でお祭りを開催し、子どもたちによる催し物や学生達による模擬店、地元の漁師さん達による魚の網焼きなども振る舞われ、地域とのつながりがより強くなると共に、避難所開放以降バラバラになってしまった方々が“再び集まるきっかけ”となりました。この「夏祭り」を通して、子どもたちのたくさんの笑顔を見ることができ、「子どもたちの笑顔や元気な姿が、地元の人々の元気の源になる」と、現地の方も言ってくださいました。

私たちが訪れることで子どもたちのいつも以上の笑顔を生み出し、その姿を見て地域の方々も元気になる。そうして地域が活性化し、被災地の復興活動も進んでいくと考えております。

 

~ 夏祭りのフィナーレは花火! ~

 

 

■■■■■■■■■■■
2013年度「僕らの夏休みProject」開催予定
日程:2013年8月5日~9日

場所:岩手県宮古市
参加大学:筑波大学、玉川大学、日本大学、文教大学、武蔵野美術大学、立教大学、東京工科大学、東京電機大学、大妻女子大学、東洋大学、東京農業大学、星薬科大学、国士舘大学 他

■■■■■■■■■■■

 

~ 夏祭りが“再会の場”に! ~

 

 

 

引換券の種類

実際に行動を起こせなくても、当活動を通して震災復興に参加できるような仕組みを作っていきます。活動の様子をまとめたものや、子どもたちのリアルな想いが詰まっているような、“活動を経てうまれたもの”と引き換えさせていただきます。また、ご支援いただきました金額により引換券も異なりますのでご注意ください。

 

 

*感謝の旗をお送りさせて頂きます!
当活動に関わる子どもたち・学生・さらには地域の方からのメッセージが添えられた、世界に1つだけの“僕夏の旗”を差し上げます。“先着4名様限定”です!
※写真はイメージです。デザインが変更する場合がございますのでご了承ください。
~ 2011年夏企画で作った僕夏の旗 ~
 
*手作りアルバムをお送りさせて頂きます!
子どもたちと学生でつくる、思い出の詰まった手作りアルバムです!“先着8名様限定”です!
※写真はイメージです。デザインが変更する場合がございますのでご了承ください。
~ 小学校にプレゼントしたアルバムの1ページ ~
 

*僕夏本をお送りさせて頂きます!~子どもたちの夢がカタチに!~

私たちの今までの活動と、子どもたちの未来の夢を描いた本「僕らの大きな夢の絵本」が先日出版されました!
苦難を乗り越え前を向いて歩もうとする力強い姿は多くの人々に夢と希望を与えることでしょう。そんな子どもたちによって描かれた34 枚の絵が収録されています。是非多くの方にご覧いただき、子どもたちの持つ本当のパワーを実感していただけたらと思います。
特設ページ : http://bokunatsu.com/book/
 
 ~ 『僕らの大きな夢の絵本』 ~  
 
*僕夏Tシャツをお送りさせて頂きます!
イベントの際に実行委員が着る僕夏Tシャツとおそろいです。
※写真はイメージです。デザインが変更する場合がございますのでご了承ください。
~ 2012年版 僕夏Tシャツ ~
 
*公式サイトにお名前を掲載させていただきます!
当団体の公式サイト(http://bokunatsu.com/)に、ご支援いただきました方のお名前を掲載させていただきます。
~ 引換券の種類で大きさが変化します ~
 
*活動の記録DVDをお送りさせて頂きます!
イベントの最中に撮影した写真や映像を編集した活動内容がギュッと詰まった映像になります。
※写真はイメージです。デザインが変更する場合がございますのでご了承ください。
~ 2012年度版 活動の記録 ~
 
*僕夏レポートをお送りさせて頂きます!
実際に活動に参加した学生達がイベント終了後に作成する開催レポートです。学生たちの目線からどのようなことを考え、どのように取り組んだのかがまとめられています。
~ 2012年度版 僕夏レポート ~
 
*僕夏ステッカーをお送りさせて頂きます!
手帳やパソコンに貼れるサイズのステッカーです。
~ 僕夏オリジナルステッカー ~
 

 

共に成長していける関係

私たちは、実に多くの方々のご支援によって成り立ち、ここまで活動してくることができました。支援してくださる理由は様々であるとは思いますが、今後は全国の学生同士、学生と地域の方々、当団体とみなさまのネットワークをより強いものとし、多くの方にこの活動を共感していただけるような“魅力あるもの”として共に成長させていきたいと考えております。

私たちの力のみでは、夏祭りをはじめとした夏企画のイベントを充実させることができません。ご支援いただきましたお金は、当活動夏企画の現地でのイベント費として使用させていただきます。詳細としては、夏企画内のお祭りでの模擬店の出店、やぐらや照明の設置などが挙げられます。

 

 

ご意見、ご感想などありましたら随時更新予定の新着情報へコメントをお寄せ頂けたらと思います。

 

私たちと共に、子どもたちにとびきりの夏休みをプレゼントしませんか?

みなさまからのあたたかい応援、お待ちしております!

 

~ 子どもたちの成長を願う復興への架け橋 ~

 

公式サイト : http://bokunatsu.com/

公式facebookページ : http://www.facebook.com/bokunatsu.pj

公式twitter :@bokunatsu_pj


最新の新着情報