READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

台風19号被害を受けた丸森町のみんなのために。復興への挑戦!

台風19号被害を受けた丸森町のみんなのために。復興への挑戦!

支援総額

715,000

目標金額 1,200,000円

59%
支援者
50人
残り
12日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は1月31日(金)午後11:00までです。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

10月12日、台風19号によって宮城県丸森町は

多大なる被害を受けました。

 

死者10人、行方不明者1人。注(1

 

宮城県丸森町にとって、

一年で一番辛い1日となりました。

 

多くの犠牲者を出したあの日から2ヶ月。

 

今もなお、復興に向けた活動が続いています。

 

少しでも丸森町の方々が笑顔になれるように。

そう願いプロジェクトを立ち上げました。

 

どうか最後まで読んでいただけますと幸いです。

 

注1)丸森町ホームページより引用

 

 

丸森の皆さんを笑顔にし癒される空間を提供し続けたい。

 

ページをご覧いただきありがとうございます。宮城県丸森町の阿武隈川のほとりで「川のほとりのコーヒースタンドCawaCaffe'(カワカフェ)」を経営している、星野知宏です。

 

私は、2017年3月19日に阿武隈川の雄大な流れ、風景の美しさ・壮大さに心を惹かれ、カワカフェをOPENしました。丸森町の方々やお客様などに助けられならがお店を続けていくことができました。

 

しかし、2019年10月12日に起きた台風19号によって、丸森町は多大なる被害を受けました。町の中心部を流れる阿武隈川は増水し決壊ギリギリでしたが、周辺の川は氾濫し町の中心部が浸水し、町の広範囲で土砂崩れや道路の陥没などの被害が起こりました。私のお店は幸いにも水害による被害はなく断水に留まりました。しかし、私の知っている町の様子とは全く違う様子になっていました。

 

 

大好きな丸森町のために恩返しがしたいと思い、10月15日から避難所にいる方々に晩御飯のお供にと、汁ものの炊き出し始めました。

 

この先の不安が町中に漂ってる中、朝は避難所や役場などでの情報収集。昼は買い出しの他、高齢者の在宅避難の方を中心に支援物資の配給、そして炊き出しと、ただただ夢中で一週間駆け回りました。

 

町の人々の顔には、疲弊感が漂っていました。


そんな中、避難所の方、在宅避難の方、町の職員さんなどから「カワカフェの再開待ってるよ!」と言うお声を多数いただきました。

 

丸森町を元気に!そして町外から人を呼びこみコーヒーの香りで癒される空間を提供したいと今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

辛い記憶、大変な状況がすぐに解決するとは思っていません。それでも、一日の中で少しでも笑顔になれる時間をつくりたいと考えています。

 

どうか皆さま、ご支援・応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

炊き出し中に言われた一言。
「コーヒーで一息つきたい。。。」

 

私はあの日、甚大な被害をもたらした台風19号のことを半信半疑に聞いていました。

 

「また気象庁の大げさな予報出じゃないの?」


そう思いながら12日の午前中にお店に行きました。営業しようと思っていましたし、日曜以降の新メニューの準備もしていました。とりあえず周りに合わせ、店外にある椅子などを飛ばされないように片付けて帰宅。
 

夕方から雨風が強くなりニュースで流れる丸森の降水量に驚きました。阿武隈川の水量はわずか一時間で1メートル上がり、水門からのライブ中継を見ていましたが22時頃、氾濫危険水位に達しそうなところで途切れました。その瞬間、「店はだめだな」と観念しました。


一夜明け、テレビから流れる丸森の状況に声が出ませんでした。

 

翌日お店に行き、被害状況を確認。店は阿武隈川の目の前にあるのですが奇跡的に水害は一切ありませんでした。

 

その後、町内を回りました。そこで見た風景は目を疑う信じられない光景でした。


道路も土砂崩れで至るところで寸断され、外部から来られるルートは角田市からのみ。役場周辺は水没。「これは支援が入るのは遅くなるな」と思いました。

 

 

ちょうど9月から始めた「丸森みらい食堂」というこども食堂の支援金があったので、町内にいる者がやれることをしようと思い、避難所にみなさんに夜に温かい汁ものを提供しました。

 

本格的に炊き出しを始めるためにSNSで資金を募集したところ、30万円弱あつまりました。そのお金とNPOの支援団体様の協力で運営しました。食事は10月15日から21日まで毎日、避難所3か所の他、役場やボラセンに配りました。毎日14時から仕込みをし、17時半に鍋ごと各避難所で持っていき、合計3500食ほど提供しました。

 

避難所に提供した汁物炊き出し

 

炊き出しや情報収集でおうかがいすると「カワカフェさんのコーヒーで一息つきたい。」「またあのピザが食べたい」というお声をたくさんいただきました。


お店は断水により10月12日〜24日まで休業。約2週間経過し、非日常が日常になりつつありこの閉塞感の中にいる方達が少しでもコーヒーで癒されたらと思い、25日からペットボトルの水を使いコーヒーのテイクアウトのみ開始しました。11月1日に水道が復旧し、通常営業になりましたが自粛ムードなのか売上は10月12日以前の4割減となり今も苦戦しています。

 

しかし、ここで諦めて下向いてばかりもいられません。

 

今までお店を支えてくれた丸森の皆さんとスタッフ、発災後の活動を支えてくれた沢山の皆さんのためにも奮い立たなければと思いました。

 

町の復興には飲食店の力も必要だと思うし、店自体も復興しなければいけないと思い、今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

 

 

丸森町に育てられたお店。その恩返しをしたい。

 

私は丸森町出身ではありません。それでも丸森の人と風景が好きで丸森町にカワカフェをOPENしました。オープン当初、丸森町に知り合いはいなかったのですが、役場のみなさんがスタッフ募集などの協力をしてくださいました。

 

そこで出会ったスタッフさんたちに「丸森町の方々はもちろん、町外の方々にも満足していただける店にしたい」という私の想いを丁寧に話し、お互いにいろいろなアイディアを出しながら日々奮闘し、カワカフェは出来上がっていきました。

 

開店当初は丸森の地名を付けたピザと「猫神様」「阿武隈川」と言った丸森に関わるものや名所を冠にしたオリジナルのマルモリブレンドコーヒーというブランドにして提供しておりました。

 

ピザのメニュー表

 

メニューを見た丸森の方や丸森出身の方がピザとコーヒーをお召し上がりになり「自分の住んでるところのピザ名だ!」「いろいろな味が楽しめる!」と喜んでいる姿見たときは、地域のみなさんにもお店が受け入れられているような気持ちで私も嬉しかったです。

 

今では「店で働きたい」とか「うちの子どもをバイトで雇ってくれないか?」とお問合せいただくこともあります。これも、スタッフさんたちが楽しんで仕事をして、その楽しさがお客様に伝わっているからだろうと思っています。

 

丸森の方が町外のお友達を連れてお越しになったり、おじいちゃんおばあちゃんが遊びに来たお孫さんとごはんを食べに来たり、マフィンをお土産に買っていくお客さんもおられるなどたくさんの方に支えられるようになりました。

 

お店をここまで続けられたのも、縁もゆかりもない私を丸森町のみなさんがこころよく受け入れ、支えてくれたからだと思っています。だからこそ、私は丸森町の人たちに恩返しをしたいですし、力になりたいと強く思っています。

 

お店のマフィンを食べる子供たち

 

 

復興がいち早く進むことを願って。

 

10月12日以前の生活に戻るのがいつになるのか私自身さっぱりわかりません。でも、時間がかかったとしても以前と同じような生活ができるようにしたいと考えております。

 

カワカフェの役割は、町内の方がくつろげる空間であること、町外の人を丸森町へ誘うこと、雇用を創出することだと、私は考えています。丸森町の食材、風景、人の良さを発信することを通じて丸森町に貢献したいと思っています。

 

カワカフェとして何をして行くべきか考え抜きピザの復活とエスプレッソでのコーヒーの提供の2つの案で行こうと決めました。

 

丸森町の夏は暑くてピザ釜から放出される400℃の熱が厨房内の温度をさらに上げてスタッフさんの労働環境が非常に悪い状態でした。限られた予算で空調設備を工事しましたが手に負えず今年の夏に一旦やめたのですがピザを復活させます。12月初めにピザ復活を告知したところ多数の反響得ました。(12月20日スタート)

 

今回一番支援いただきたいのはエスプレッソマシンの導入費用です。購入予定機種はイタリアのlamarzoccoのLINEA MINIです。

 

このマシンを導入することによりメニューの幅がひろがりコーヒーをいろいろ楽しめます。仙南地域に本格的なエスプレッソマシンを使っているお店が少ないのも理由の一つです。


私自身エスプレッソマシンの使用経験がほぼないので0からの勉強になりますが、必ず使いこなしてみせます。そして、スタッフさんにもラテアートなどをチャレンジさせていくとさらに仕事の面白さや深みを感じてもらえるとも思います。


「来て下さるお客様に美味しく楽しくを!」


コーヒーと料理で実行し、町内の方と町外の方を幸せな癒しの空間を提供していくことをお約束します。


丸森町が復興するには町へ来て頂きカワカフェだけじゃなくいろんなお店や名所を巡ってもらわないと無理だと思いますし、自分1人さえ良ければ良いと言う気持ちは全くありません。


今回のプロジェクトは「丸森町復興の一助に!」が第一目標でもあります。


川の目の前にあるお店なのに水害に遭わなかったのは「丸森町のために全力で挑め」という事なのかもしれません。

 

プロジェクトが成立すればエスプレッソマシンは、2月中旬〜3月末にかけて設置できる予定です。2020年3月19日は3周年の開店記念日でもあるので、そこに標準合わせたいと思っております。


これからも丸森町の復興のために全身全霊で活動してまいりますので、皆様からの支援よろしくお願いします!

 

 

 

資金使途。

 

今回のクラウドファンディングで集まった資金は、「川のほとりのコーヒースタンドCawaCaffe'」に設置するエスプレッソマシンの購入費用と関連工事費などに充てます。必要資金のうち120万円をクラウドファンディングで集めさせていただきます。下記の費用が今回必要なる金額でございます。

 

エスプレッソマシンの購入:800,000円
商品開発費:50,000円

空調給排水設備工事費:200,000円
調度品購入費50,000円

改装費100,000円

宣伝広告費100,000円
READYFOR手数料:184,800円

合計:1,484,800円


また、今回リターンは支援金の10%分のお食事券としました。お食事券をきっかけに、多くの人が丸森町へ足を運ぶきっかけにしていただけたらと切に願っています。

 

-------------------------------------------------------------

本プロジェクトのリターンのうち、【お名前記載】に関するリターンの条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

もっとみる

プロフィール

星野知宏 宮城県気仙沼市生まれ。 2014年から角田市にてレストラン開業、2017年丸森町にてカフェ開業 仙南地域の風景、食材、人に惹かれこの地に根を下ろし活動中です。

リターン

5,000

丸森町復興支援コース

・サンクスメール

▶︎リターンのコストがあまりかからないため、いただいたご支援の多くをプロジェクトのために活用させていただきます。

※寄付控除の対象にはなりません。

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月
このリターンを購入する

10,000

全力応援コース

・お礼状
・「CawaCaffe」の店内にご支援者様のお名前記載
・「CawaCaffe」お食事券1000円分

リターンの10%をお食事券をつけています。ぜひ、周囲の方々と丸森町へお越しください。

※食事券の有効期限は発行から6ヶ月以内となります。

支援者
25人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月
このリターンを購入する

30,000

さらに全力応援コース

・お礼状
・「CawaCaffe」の店内にご支援者様のお名前記載
・「CawaCaffe」お食事券1000円分×3枚 合計3000円分

リターンの10%をお食事券をつけています。ぜひ、周囲の方々と丸森町へお越しください。

※食事券の有効期限は発行から6ヶ月以内となります。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月
このリターンを購入する

50,000

もっと全力応援コース

・お礼状
・「CawaCaffe」の店内にご支援者様のお名前記載
・「CawaCaffe」お食事券1000円分×5枚 合計5000円分

リターンの10%をお食事券をつけています。ぜひ、周囲の方々と丸森町へお越しください。

※食事券の有効期限は発行から6ヶ月以内となります。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月
このリターンを購入する

100,000

かなり全力応援コース

・お礼状
・「CawaCaffe」の店内にご支援者様のお名前記載
・「CawaCaffe」お食事券1000円分×10枚 合計1万円分

リターンの10%をお食事券をつけています。ぜひ、周囲の方々と丸森町へお越しください。

※食事券の有効期限は発行から6ヶ月以内となります。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月
このリターンを購入する

300,000

とにかく全力応援コース

・お礼状
・「CawaCaffe」の店内にご支援者様のお名前記載
・「CawaCaffe」お食事券1000円分×30枚 合計3万円分

リターンの10%をお食事券をつけています。ぜひ、周囲の方々と丸森町へお越しください。

※食事券の有効期限は発行から6ヶ月以内となります。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月
このリターンを購入する

500,000

超絶全力応援コース

・お礼状
・「CawaCaffe」の店内にご支援者様のお名前記載
・「CawaCaffe」お食事券1000円分×50枚 合計5万円分

リターンの10%をお食事券をつけています。ぜひ、周囲の方々と丸森町へお越しください。

※食事券の有効期限は発行から6ヶ月以内となります。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月
このリターンを購入する

プロフィール

星野知宏 宮城県気仙沼市生まれ。 2014年から角田市にてレストラン開業、2017年丸森町にてカフェ開業 仙南地域の風景、食材、人に惹かれこの地に根を下ろし活動中です。

あなたにおすすめのプロジェクト

郷土愛で日本を変えよう!森脇暉ふるさと応援団結成!

森脇 暉森脇 暉

#地域文化

累計支援者数
10人
継続会員数
9人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする