READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす

カンボジア農村の貧困層の子どもたちに最高の先生と教室を!

カンボジア農村の貧困層の子どもたちに最高の先生と教室を!
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

199,000

目標金額 800,000円

支援者
16人
募集終了日
2015年3月31日
16人 が支援しました
募集は終了しました
1お気に入り登録1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2015年02月09日 15:49

農村の高校生ソムナンと、日本語教室の山田先生の絆

みなさんこんにちは。CBBの鹿島です。

今日は、以前日本語の先生を務めてくださっていた山田先生と現地スタッフのソムナンについて。

 

山田先生は小学校教員を退職した後、「カンボジア難民の子どもを生徒として受け持ったが、何もしてあげられなかった。だから、ずっとカンボジアのために何かしたかった。」という思いのもと、縁があってCBBの支援地で日本語の先生を務めていただくことになりました。

 

 

当初は山田先生が英語で説明をして現地スタッフのチャンターがクメール語で生徒に伝えるという形式をとっていましたが、いつの間にか語学の勉強が大好きな高校生ソムナンが先生のアシスタントに。

 

 

彼は夏から日本語を勉強していたので既に簡単な会話はでき、先生とコミュニケーションを取ることによって日本語がどんどん上達していきました。

 

 

↑日本語⇒クメール語の辞書はあっても、クメール語⇒日本語の辞書が無かったので、先生がソムナンと手作りの辞書をつくってくれました。生徒はボロボロになるまで使いこんでいます。

 

 

日常生活は、農村にある空家で共に過ごしていた2人。

先生が買った水をソムナンが勝手に使ったり(農村で水は貴重です)、約束を守らなかったり喧嘩をすることも多かったようですが、その度に絆が深まっていったそうです。

 

先生は他にも、教室では飲食をしない・ゴミを捨てないなどのマナーを子どもたちに教えてくれました。

 

スクール開校後も、授業を行うだけでなくしっかりと先生やスタッフとコミュニケーションを取りながら、日本人だからこそ伝えられる文化や習慣を伝えていけたらと思います!

 

 

↑山田先生がソムナンにあげた辞書に、先生からの手紙が。

彼のとても嬉しそうな笑顔が忘れられません。

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

・現地からサンクスレター(電子版)
・プロジェクト報告書(電子版)

支援者
11人
在庫数
制限なし

10,000

alt

3000円に加え、
・CBBの支援地やCBBスクールの子どもたちの様子を写したフォトブック(電子版)

支援者
6人
在庫数
制限なし

30,000

alt

10000円に加え、
・子どもたちに映像授業を行う権利
(日本の学校の小学生と、カンボジアの小学生をskypeで繋げて映像授業、など)

支援者
1人
在庫数
制限なし

50,000

alt

30000円に加え、
カンボジアを訪れた際に、塾の訪問・授業ボランティア・CBB支援地である農村でホームステイ体験コーディネート

支援者
1人
在庫数
制限なし

100,000

alt

50000円に加え、
・CBBスクールの教室とホームページにお名前の記載

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする