こんにちは!

今日は、2010年度に送ったミルク支援金に対する現地からのお礼状を一つ紹介したいと思います。

 

毎年少しずつでも集まった募金を送り現地の病院でミルクを購入してもらっています。こうしてお礼状が届くと「しっかり届いたんだ」と実感できてうれしいです☆

 

私はウクライナには1回だけ行きましたが、その時は病院に行きませんでしたので

また今度行く機会があれば、ぜひ病院も訪問したいと思います!

 

日本からの一人一人の温かい支援が、赤ちゃんの命につながるといいなと思います☆

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

ジトーミル州立小児病院より
2011年10月13日
「チェルノブイリ救援・中部」御中
 ジトーミル州立小児病院当局は、新生児の養育のための粉ミルク購入支援に対し皆様に感謝申し上げます。
 当院では、新生児治療の各セクションで年間約2,000名の乳児が治療を受けており、その母親の20%はチェルノブイリ惨事被災者の資格を有しています。
 私たちは皆様のサポートと、新生児を持つ家庭の直面している問題に対するご理解を大変ありがたく思っております。
 皆様のゆるぎないご健康と人生行路におけるご成功をお祈りするとともに、今後の協力を期待申し上げます。
院長代行   M.D.ボーベル

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ