★★ご支援金 利用状況のご報告★★

みなさまのご支援のおかげで、
6月も猫たちの治療をさせていただくことができました。
本当にありがとうございました。

今回もご報告が遅れてしまい、申し訳ありません。

 

新着情報も、もっとたくさん書きたかったのですが、

仕事の後、30匹の猫たちのお世話と14箇所のケージと猫部屋の掃除などをして、気づくと夜中になってしまい、いつも居眠りをしてしまっていて、

思うようにご報告もできませんでした。

新着情報でたくさんご報告しますと言っていたのに、

失礼いたしました。


★6月の猫たちの治療内容

 

 

レナの瞳に輝きが戻ってきました。

 

レナ  リンパ腫ですが、お薬が効いてきたようで、食欲が出てきて、嘔吐することもあまりなくなり、診察の時、先生に「いい表情になりましたね」と言われました。

 


みいこ 尿検査で、ストルバイト結石が出ていたので、しばらくは結石を溶かすフードに切り替えです。

 


かげとら 口内炎でごはんが食べられなくなり、抗生剤とステロイドの注射をしてもらいました。

 


口が痛そうなときだけ、プレドニゾロンを数日間飲ませてコントロールしていましたが、あまり効果が出ないときは、注射がよく効くと感じます。昼間注射してもらうと、夜にはご飯を食べられるようになります。

 

かげとらは、こねこの時からうちにいるのに、常に恐怖感にさいなまれている猫で、13年目まで抱っこもできない猫でした。すべてをストレスに感じているので、そのストレスが本人の体にダメージを与えていたのかもしれません。おどかさないように気をつけてきたつもりですが、おびえる猫と接するのは難しいものです。

 


ケンタローは、獣医さんに「この子は一生エリザベスカラーが必要かも・・・」と言われていたので、少しでも快適なものをつけてあげたいと思い、ふわふわのカラーをさがしていました。ほぼ新品の物が安く手に入ったので、つけてみたら快適そうでした。外れそうもないし、けっこう大きいので大丈夫だろうと思っていたのですが、翌朝見ると、左足先をかんでしまっていました。体が長いせいか、体勢によっては足先が口に届いてしまうのでした。気づいてあげられなくて、反省。。。
本人は、ほとんど痛みを感じていないようで、平気で歩き回ります。

左足にも皮膚を再生させるクリームを塗り、包帯を巻きました。翌日は少し腫れてきたので、靴下を履かせられなくなりました。

 

 

それで、少し大きめの靴下を買いました。下のほうは防水のためにシリコンが塗られているので、ぬれた所を歩いても大丈夫なようになっています。

 

以下、医療費他の明細です。

 

 


ご支援金は、今月で使い切りました。
たくさんの猫たちに治療をしてあげることができました。

ご支援がなければ、ただ見ているだけしかできなかったと思います。

フードのご寄付もたくさん頂いたので、とても助かりました。
本当にありがとうございました。

 

公園には、まだ保護が必要な猫たちもいますし、
保護中の猫たちも、病気と闘っていますので、
飼い主のいない猫たちのための第2弾を計画しようと思ってます。

今後も、猫たちのために頑張っていきたいと思いますので
これからもどうか、応援してくださいね。

新着情報一覧へ