READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

子ども虐待の予防につながる映像を医師とクリエイターでつくりたい  

小橋孝介 

小橋孝介 

子ども虐待の予防につながる映像を医師とクリエイターでつくりたい  

支援総額

4,676,000

目標金額 4,500,000円

支援者
130人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
16お気に入り登録16人がお気に入りしています

16お気に入り登録16人がお気に入りしています
2015年01月26日 09:55

海外の子育て事情と日本の子育て事情

こんにちは。今日は子育て事情の違いです。

 

最近、いろんなブログやまとめサイトがあって、すごいですよね。

このまとめサイトでは、アメリカの子育て事情をまとめられていますが、カナダもほぼ同じです。

 

http://matome.naver.jp/odai/2138260288197265901?&page=1

 

なんでしょうね、北米のほうが、相田みつを的に”みんな違ってみんないい”の発想なんですかね。

 

昔の偉い哲学者が「もともと同じものを違うように扱うことよりも、もともと違っているものを同じように扱うことのほうが差別的じゃね?」(カナダによる超訳です)と言っていたのを思い出しました。

 

子どもという括りは同じですが、その一人一人は違います。また親だって一人一人違います。子どもと親の無限の組み合わせがあるのに、なんか完璧なイメージってでちゃうんですよね。

 

それが上手くいっている人ならいいかもしれないですが、それで自ら苦しんでいる人は手放していってもいいのかもしれません。「ありの〜ままの〜」のように"let it go"のイメージです。もちろん、この判断は人それぞれです。

 

ただ、事実として、誰も完璧な人はいないし、完璧な子育てなんてないですよね。だから不完全だからこそ皆で助け合うっていう考え方が、宗教観も元になって北米では大切にされています。

 

日本でわかりやすい例だと年金でしょうか。今後、リタイアされる方々は、子どもや子育てに力を入れないと、年金制度自体が崩壊しちゃって自分達で自分達を苦しめちゃいますよね。

 

きっとこのビデオで私達が皆さんと一緒にしたいことは、情けは人のためならず、ペイ・フォワードの概念をみんなとシェアしたいことかもしれません。一つの子どもと保護者を助けるアクションは、いずれポジティブに返ってくるっていうイメージを大切にしたいと思っています。

一覧に戻る

リターン

3,000

・「チャイルドファースト」ロゴシールとありがとうメール

支援者
39人
在庫数
制限なし

10,000

・「チャイルドファースト」ロゴシールとありがとうメール
・公開する映像のラストカットにお名前・ニックネームをクレジット
・映像DVDのプレゼント

支援者
72人
在庫数
制限なし

30,000

・「チャイルドファースト」ロゴシールとありがとうメール
・公開する映像のラストカットにお名前・ニックネームをクレジット
・映像DVDのプレゼント
・「チャイルドファースト」オリジナルピンバッチ

支援者
17人
在庫数
制限なし

100,000

・「チャイルドファースト」ロゴシールとありがとうメール
・公開する映像のラストカットにお名前・ニックネームをクレジット
・映像DVDのプレゼント
・「チャイルドファースト」オリジナルピンバッチ
・ラストカットに団体名を入れたオリジナル版DVDのプレゼント

支援者
3人
在庫数
7

300,000

・「チャイルドファースト」ロゴシールとありがとうメール
・公開する映像のラストカットにお名前・ニックネームをクレジット
・映像DVDのプレゼント
・「チャイルドファースト」オリジナルピンバッチ
・ラストカットに団体名を入れたオリジナル版DVDのプレゼント
・小児科医による講演実施
 ※都内でない場合には移動・宿泊費をご相談させてください

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする