カードの発送状況について

ご支援いただいた皆様

 

まだ朝晩は寒さが続きますが、桜の開花予想も聞かれるようになり、風にも春を感じるようになってまいりました。

 

皆様にご支援をいただき作成した、カードの発送状況についてご報告いたします。

 

2月3日、最初の発送は神戸市向けの47,000枚となりました。

作業はクリックテック・ジャパン株式会社のCSR活動として、10名の社員の方がご協力くださいました。

 

2月10日は佐賀県と熊本県に向けて85,000枚のカードを発送。

こちらは三和ホールディングス株式会社の社員15名の方からご協力いただきました。

 

2月24日には東京海上日動火災保険株式会社の社員54名様にご参加いただき、茨城県と沖縄県に向けたカード180,000枚の発送を一気に行いました。

机の上にカードや作業グッズが置かれています

 

チャイルドライン支援センターは小さな事務所ですので、数10万枚のカードを、自分たちの力だけでは発送することができません。また地道な単純作業ながら、学校ごとにカードの枚数を数え、輪ゴムで束ねて封入していくのは、意外と体力を使う作業です。就業時間後の社会貢献活動という形で、企業の皆様からご協力いただけることも、大変ありがたい機会だと感じています。

 

今後はカードの配布によってどんな変化が起きるのか、統計情報などをお伝えしていきたいと考えております。

 

なお、今回は配ることのできなかった小学生や高校生へ送るため、皆様からのご支援の残額はすべてカード印刷に充てさせていただきました。沖縄県のある町からは「中学生だけでなく小学生にも配りたい」とのご連絡があり、すぐに追加でお送りさせていただいています。

 

今後とも引き続き、チャイルドラインへの応援のほど、よろしくお願いいたします。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています