READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

限りある小さな命が輝く場所「横浜こどもホスピス」完成へ

限りある小さな命が輝く場所「横浜こどもホスピス」完成へ

支援総額

7,394,000

目標金額 3,000,000円

支援者
437人
募集終了日
2020年3月9日
437人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
36お気に入り登録36人がお気に入りしています

36お気に入り登録36人がお気に入りしています
2020年03月09日 07:41

【第2回世界こどもホスピスフォーラム(報告3)】

クラウドファンディングは、は本日(3月9日)23時までです!

これまで406名の方にご支援いただき、現時点での寄付額は6,063,000円です!

心から感謝申し上げます。

ラストまで、ご支援・ご協力 どうぞよろしくお願いいたします。

+++

 2月11日に開催した「第2回世界こどもホスピスフォーラムin Yokohama」のご報告をさせていただきます。最終回です!

 

<第2部 パネルディスカッション>

モデレーター:東京慈恵医科大学 脳神経外科講座 柳澤隆昭教授

パネリスト:

(イギリス)Francis House・David Ireland CEO

(イギリス)Francis House・Gillian Bevin マネージャ兼ケアディレクター

(中国)Butterfly Children’s Hospices・Lynda Gould 代表

(日本)公益社団法人こどものホスピスプロジェクト・原純一 副理事長

(日本)認定NPO法人日本ファンドレイジング協会・鵜尾雅隆 代表理事

(日本)公益社団法人こどものホスピスプロジェクト・高場秀樹 代表理事

(日本)NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト・熊澤美香 弁護士

(日本)NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト・田川尚登 代表理事

 

パネルディスカッションは、柳澤隆昭先生の進行のもと、会場からの質問に答える形で行わせていただきました。

質問はファンドレイジングにとどまらず、ボランティア参加について、きょうだい児支援について、グリーフケアについてなど多岐にわたりました。

 

主な内容:

◎ ホスピスという言葉に対する固定概念や拒否反応について

大人のホスピスと子どものホスピスは違うことをアピールする必要がある。命が脅かされる子どもたちが過ごす場所、充実した時間を過ごせる場所ということを認識してもらうためにも、あえて「こどもホスピス」という言葉を広め、固定概念を変えていきたい。

 

◎ 学生のボランティア参加について

ボランティアは学生だけでなく、どのような立場でも関わることができるが、学生の場合は特に、関わった子どもが亡くなるなど心のケアに注力する必要があり、メンターシップも含めたサポートが必要だ。未来の医療を支える看護師・学生が参加することには、大きな意義がある。

 

◎ 利用者の多様性について

Francis Houseでは、国籍・宗教問わず受け入れている。理事会にも様々な背景の方が所属しており、出来るだけ偏りのないサービス提供を目指している。家族・遺族は同じ経験をしており共有できることが多く、そこを起点としていく。

 

◎ 在宅支援・ホスピス・病院の連携について

複雑な症状があるなかで、子どものケアをどうするのか、家族とともに考えていく。医療関係者との連携が重要になるが、中国では小児緩和ケアはまだ浸透しておらず、どのようにQOL向上を目指すのか啓発活動を続ける必要がある。病院の中で緩和ケアチームをつくり、そこから地域の病院や、患者、家族に繋がっていくと思う。

 

◎ きょうだい児支援について

家族は身体的、精神的、社会的に大きなストレスを抱えており、きょうだいにも時間とケアが必要だ。きょうだいは年齢とともに感情の変化があり、悲しみ、苦しみは続いていくので、きょうだい児支援は継続的なサポートが重要。

 

◎ 家族へのグリーフサポートについて

こどもホスピスは、家族がいつでも利用できる施設、子どもとの思い出が残る場所でありたい。ただし、痛みは人によって表現が異なるため、家族それぞれとの距離感を大事にし、パーソナルケア、チームケア、心理専門職の関わりなど、家族の状況に応じたサポートが必要。家族の時間は点ではなくずっと続いていくので、長期的に寄り添い支えていく。

 

<フォーラム統括> 

一般社団法人北海道こどもホスピスプロジェクト/ 佐藤貴虎 代表理事

横浜同様、北海道や福岡でもこどもホスピス設立に向けた取り組みが進んでいます。

2019年7月14日には、一般社団法人北海道こどもホスピスプロジェクトとNPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト共催で、「第2回全国こどもホスピスサミットin北海道」が開催されました。

こどもホスピス・ネットワークの仲間として、代表理事・佐藤貴虎先生にフォーラム統括の言葉をいただきました。

・人と人とのつながりのすばらしさを、こどもホスピスの活動を通して感じている。

・共感の連鎖、共通のフィールドに巻き込むということが、どの施設でも行われていることが分かった。

・こどもホスピスの日が4月28日に制定され、様々なイベントも企画している。このように士気が高まっているなかで、次年度の福岡サミットにつなげていきたい。

 

<閉会の挨拶> 

NPO法人福岡こどもホスピスプロジェクト/ 濵田裕子 理事長

「第3回全国こどもホスピスサミット」は福岡での開催が決定しました。

NPO法人福岡こどもホスピスプロジェクト・代表理事である濵田裕子先生に、サミットに向けた抱負と閉会のご挨拶をいただきました。

・上智大学名誉教授のアルフォンス・デーケン先生の言葉に「こどもホスピスはこどもの幸せの度合いを測る尺度だ」があり、その通りだと感じている。イギリスFrancis House、中国Butterfly Houseも訪問し、福岡でも支援のかたちや土地獲得など模索しているが、全てのことを楽しみながら進めていきたいと、今回のフォーラムで強く感じた。是非、多くの方に福岡の「全国こどもホスピスサミット」に来ていただき、ムーブメントに参加して欲しいと思う。

 

総合司会の副島賢和先生、登壇者の皆様、協賛企業・団体の皆様、そしてボランティア・スタッフとしてご参加くださった皆様。多くの方々の支えがあって、フォーラムを無事に開催・終了することができました。

心から感謝申し上げます!

登壇者の皆様から、何度か発せられたのがこのメッセージでした。

 

「難しい局面に直面することもあるだろうが、大切なのは情熱を持ち続けること、楽しむこと。何故ファンドレイジングをするのか。子どものためにやっていることを忘れないでほしい。このような施設を求めている家族は必ずいるのだから、くじけずに取り組んでほしい。」

 

+++

 

クラウドファンディングは、本日(3月9日 23時)終了です!

最後まで、どうぞよろしくお願いいたします。

 

プロジェクト概要はこちらです。

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。

支援者
140人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

10,000

alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール
● ホスピスにお名前掲載


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。
※ お名前の掲載場所に関しましては施設建設後に決定致します

支援者
231人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

30,000

alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール
● ホスピスにお名前掲載


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。
※ お名前の掲載場所に関しましては施設建設後に決定致します。

支援者
35人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

50,000

alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール
● ホスピスにお名前掲載


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。
※ お名前の掲載場所に関しましては施設建設後に決定致します。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

100,000

alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール
● ホスピスにお名前掲載
● 開設式にご招待


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。
※ お名前の掲載場所に関しましては施設建設後に決定致します。

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

300,000

alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール
● ホスピスにお名前掲載
● 開設式にご招待


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。
※ お名前の掲載場所に関しましては施設建設後に決定致します。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

500,000

alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール
● ホスピスにお名前掲載
● 開設式にご招待


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。
※ お名前の掲載場所に関しましては施設建設後に決定致します。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

1,000,000

alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール
● ホスピスにお名前掲載
● 開設式にご招待


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。
※ お名前の掲載場所に関しましては施設建設後に決定致します。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

プロジェクトの相談をする