READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

限りある小さな命が輝く場所「横浜こどもホスピス」完成へ

限りある小さな命が輝く場所「横浜こどもホスピス」完成へ

支援総額

7,394,000

目標金額 3,000,000円

支援者
437人
募集終了日
2020年3月9日
プロジェクトは成立しました!

終了報告を読む


2020年03月08日 15:52

【第2回世界こどもホスピスフォーラム(報告2)】

クラウドファンディングは、明日3月9日が最終日!

これまで398名の方にご支援いただき、現時点での寄付額は5,944,000円です!

ラストまでどうかよろしくお願いいたします。

+++

 2月11日に開催した「第2回世界こどもホスピスフォーラムin Yokohama」のご報告をさせていただきます。

<第2部 シンポジウム>

午後は、国内外のこどもホスピスについての講演で開幕しました。

 

◎NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト

代表理事・田川からこれまでの経緯、寄付などをもとに社会で支える「こどもホスピス」のあり方をご説明させていただきました。当法人の場合は、横浜市からは土地の無償貸与を、また神奈川県からは助成金で一部の事業を支えていただき、賛同企業・団体様からご寄付いただきながら、行政と地域とNPOがタッグを組んで進めていくユニークな取り組みとなっています。

また、副理事長・熊澤美香弁護士からは、団体発足のきっかけとなったお一人である故石川好枝様の遺贈について、その経緯をお話しいただきました。現在は、「自分の生きた証」「夢の実現」のために、社会貢献の一環として「信じて託す」方も増えています。

 

◎公益社団法人こどものホスピスプロジェクト/高場秀樹 代表理事によるご講演

大阪市の鶴見緑地にあるTSURUMIこどもホスピスは、日本で唯一の、医療費など制度に依拠しないフリースタンディングなこどもホスピスです。生命を脅かす病気の子どもと家族を支援し、子どもが経験すべきこと、成長発達を支援していくなど、目指すところは横浜と同じです。

・設立4年目に突入した現在は、企業団体から780万、個人800万、マンスリー会員の会費収入520万、事業収入690万、大阪マラソン1100万、など計4600万の収入があり、2019年度の収支は+3万円。

・医療、地域、家庭をつなげていく施設として、2023までにロールモデルを構築し、全国に広げていく。

先ごろ公益社団法人となり、寄付増加に繋げたいとしていますが、ファンドレイジングはこどもホスピス運営の永遠の課題です。横浜もTSURUMIこどもホスピスと連携しながら前へ進んでいきたいと思っています。

 

◎中国 Butterfly Children’s Hospices / Lynda Gould 代表によるご講演

中国でこどもホスピスを立ち上げ、制度がない中でこどもホスピスと小児緩和ケアの普及に力を注ぐ、Lynda Gould氏からは力強いご講演をいただきました。

・中国には治癒見込みのない子を遺棄する傾向が残っており、子どもは十分な治療を受けられずにいる。

・何かしたいと中国に渡り、友人や同志から支援されたわずかな金額を元に何もないところから始めた。現在はイギリスのチャリティ団体として設立し、インターナショナルな組織として中国で活動している。ファンドレイジングなど、海外からも戦略的に資金調達をしている。

・小児緩和ケアの啓発活動について。政府、組織、病院に向けて研修やセッションを実施し、緩和ケアの必要性を伝え続けている。

・一般国民から直接、あるいは他の団体とパートナーを組んでネットワーキングを構築するなど、ファンドレイジング戦略は様々あるが、重要なのはビジョンを明確に伝えることだ。

・生命が脅かされる状況にある子どもやその家族が愛され、専門的なケアを受けることができる。すべての子どもたちの人生に価値があり、病児とその家族が素晴らしい時を過ごすために支援をする、というのがビジョンだ。

小児緩和ケアの推進を含め、示唆に富んだご講演でした。中国で奮闘するGould氏に力をいただきました。

 

◎イギリス Francis House / David Ireland CEOによるご講演

「こどもホスピス」発祥の国・イギリスで、4番目に開設されたFrancis House。昨年の「第1回世界こどもホスピスフォーラム」にもご参加いただきました。

老舗であるFrancis Houseも、開設当初から運営が安定していたわけではなく、現在も寄付金を集めるためには、定期的なイベントの開催、チャリティイベントなど寄付を募ってくれるネットワーク構築、寄付・遺贈に関する説明など、様々なファンドレイジング活動を行っています。

・維持費用は年間7億円程度かかり、その89%は家族の支援に必要となる。

・現在550家族が利用しており、300家族はレスパイトケア、150家族はビリーブメントサポートを受けている。

・政府からの助成は全収入の12%にとどまる。

・スタッフは120名、ボランティアは80名以上。年間7億円の支出をどのように確保するか、常に考えていく必要があり、ファンドレイジング専任チームがいる。

ファンドレイジングは永遠の課題。「初期段階は特に大変だろうけど、その過程も楽しむくらいのつもりで、熱意を持って取り組んでほしい」との言葉に、大きく背中を押された想いです。

 

明日は、【第2回世界こどもホスピスフォーラム(報告3)】最終回です。

 

+++

 

クラウドファンディングは、明日(3月9日 23時)終了です!

最後まで、どうぞよろしくお願いいたします。

 

プロジェクト概要はこちらです。

 

最終日まで、あと3日になりました。【第2回世界こどもホスピスフォーラム(報告3)】
一覧に戻る

リターン

3,000


alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。

支援者
140人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年4月

10,000


alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール
● ホスピスにお名前掲載


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。
※ お名前の掲載場所に関しましては施設建設後に決定致します

支援者
231人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年4月

30,000


alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール
● ホスピスにお名前掲載


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。
※ お名前の掲載場所に関しましては施設建設後に決定致します。

支援者
35人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年4月

50,000


alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール
● ホスピスにお名前掲載


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。
※ お名前の掲載場所に関しましては施設建設後に決定致します。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年4月

100,000


alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール
● ホスピスにお名前掲載
● 開設式にご招待


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。
※ お名前の掲載場所に関しましては施設建設後に決定致します。

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年4月

300,000


alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール
● ホスピスにお名前掲載
● 開設式にご招待


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。
※ お名前の掲載場所に関しましては施設建設後に決定致します。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年4月

500,000


alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール
● ホスピスにお名前掲載
● 開設式にご招待


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。
※ お名前の掲載場所に関しましては施設建設後に決定致します。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年4月

1,000,000


alt

横浜こどもホスピス 立ち上げを応援!

● 感謝を込めたお礼のメール
● ホスピスにお名前掲載
● 開設式にご招待


※ ご支援いただいた支援金を手数料を除きすべてを浴槽の建設費用に充てさせていただきます。
※ お名前の掲載場所に関しましては施設建設後に決定致します。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年4月
プロジェクトの相談をする