ページをご覧頂きましてありがとうございます。映画「武蔵野」製作委員会です。昨日晩より90日間の私たちのクラウドファンディングがスタート致しました。9月27日(水)午後11:00までの挑戦です。スタッフ一同映画の完成と、プロジェクトの成功に向けて精一杯取り組んでおりますので、皆様ご支援等よろしくお願いいたします。

 

また私たちのプロジェクトには多くの方がコメントを寄せてくださっています。本日はそのお一人として作家の村上龍さんからいただいたメッセージを紹介いたします。

 

 


「武蔵野」は、東京、関東の人々にとってなじみ深い地名です。国木田独歩の名作エッセイ『武蔵野』に、印象深い表現があります。独歩は、「武蔵野」の重要な特徴を、「町外れ」と指摘しています。「町外れ」は、似たような風景が続く現代では、死語かもしれませんが、わたしは、「境界」という意味が含まれるのではないかと思っています。


「境界」は、魅惑的な概念です。でも、今の日本で「境界」と出会うのは、「均一化」と「密集」の中、非常に困難です。映画『武蔵野』では、「境界に囲まれた土地」で農業を営む人々が描かれます。人々は、心の底からの、しかも慎ましい笑顔を見せています。幸福、喜び、楽しさ、そんな言葉では表せない笑顔です。わたしたちが本来持っていた貴重で希少な「笑顔」に、この映画で出会うことができます。

 

作家 村上龍

―――――

 

応援コメントを下さった村上龍さん、ありがとうございます。

 

村上さんのほかにも、多くの方々からコメントを頂戴しておりますので、これから随時新着情報にてご紹介をさせていただきます。

 

プロジェクトの実現に向けてメンバー一同広報活動にも尽力して参りますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。