プロジェクト概要

北伊豆地震から85年にあたる今年、伊豆半島に巨大アート作品を作りたい!

 

はじめまして!伊豆半島北部、丹那盆地を舞台にしたアートプロジェクト「Cliff Edge Project(クリフエッジ プロジェクト)」の代表、住康平です。昨年からスタートしたこのアートプロジェクトの監修と作品制作を行っています。この盆地を震源に85年前におきた北伊豆地震をテーマにした展覧会を行うことを目的として、この地域のクリエイターを中心に設立されました。

 

今年は10月11日から24日までの14日間で開催します。北伊豆地震が発生してから85年にあたる節目の年でもある今年は、伊豆半島ジオパークの世界ジオパーク加盟へのアピールも兼ねて、巨大アート作品を制作したいと考えております。

 

しかし、そのための制作費などが足りていません。どうか皆様のご支援をいただけないでしょうか?

 

(昨年の展示の様子)

 

 

■このプロジェクトについて

 

このプロジェクトは、伊豆半島北部に位置する丹那盆地を舞台にしたアートプロジェクトです。丹那盆地は、伊豆半島の付け根、静岡県三島市と熱海市の間に位置する標高235mの小さな盆地です。この盆地は、箱根から修善寺まで南北に続く北伊豆断層帯の代表的な断層、丹那断層の上に位置しています。この断層は、1930年(昭和5年)におきた北伊豆地震の震源であり、この地震で断層が南北に2~3mの横ずれを起こしました。

 

(北伊豆地震の被害の様子)

 

キックオフの年だった昨年は、「丹那の記憶」というテーマで展覧会を開催しました。地元に残る北伊豆地震体験者の方お二人のインタビューを映像にして会場で上映したり、地震の被害の様子を記録した写真を会場内に展示しました。また、丹那という土地を知ってもらおうと、近辺の住民を対象にした盆地を写真撮影して歩く路上観察会を開催しました。まさに人々の記憶に残る丹那の歴史をドキュメントの形で展示したのです。



(85年前の北伊豆地震体験者お二人へのインタビュー)

 

 

■今年は巨大アート作品を作ります!

 

今年は、10月11日から24日までの14日間、丹那盆地にあるギャラリーkurubushi-baseと、渓月山長光寺の2つの会場を使って「半島の傷跡」展という展覧会を開催します。北伊豆地震がおきてから85年目にあたる今年、私、住康平の監修のもと、それぞれの会場内に丹那断層と北伊豆地震を象徴する巨大なモニュメント作品を展示します。

 

(地図から見た作品プラン)



(モニュメントの完成イメージ)
 

モニュメントには、漆芸の磨き仕上げと、左官の現代大津磨き仕上げを施します。この制作には、同世代の地元の大工さんや左官さん、木工作家さんなどの職人のほか、遠く茨城から左官の名匠として有名な白石博一さんをお招きして、その卓越した技術を提供していただきます。白石さんは、これまでに重要文化財の建築の修復などの建築プロジェクトにレベルの高い左官の技術を提供してこられました。そしてアート作品にも理解のある左官さんです。

 

現在私は、ひとつの面が2m×3mという大きな壁に漆芸の磨き仕上げを施すモニュメントを制作しています。このような大きな面を漆で塗ることは、プロの塗師屋さんでもそうそうありません。



(若き職人たちとの共同制作の様子)

 

 

■伊豆半島ジオパークの世界ジオパーク加盟に向けて

 

北伊豆地震から85周年という記念の年に加え、今年は伊豆半島にとって大きな節目の年となります。世界ジオパークへの加盟に向けて本格的なPR活動をしているのです。

 

クリフエッジプロジェクトは、伊豆半島ジオパーク推進協議会の協力のもと、伊豆半島の豊かな自然資源をアートの視点から内外にPRします。

 


(伊豆半島ジオパーク国際県民学術シンポジウムでのパネル展示の様子)
 

この展覧会に伴って、トークイベントやジオガイドツアー、セレモニーなどの関連イベントを行います。トークイベントには、伊豆半島をはじめとした火山や地震の研究で有名な静岡大学教授、小山真人先生(うさはかせ)をお呼びして、丹那断層と北伊豆地震について語っていただきます。また、左官の名匠、白石博一さんには、これまでのお仕事の様子を伺いながら、左官という仕事の魅力を語っていただきます。ほかに私、住と美術批評家の方の対談を行うほか、作品制作スタッフによるトークセッションも開催する予定です。

 

11月26日におきた北伊豆地震を記念して、11月下旬には、会場のひとつである長光寺住職の柿沼忍昭さんの主導のもと、北伊豆地震85周年記念セレモニーを開催します。被災した方々の追悼と、これからも起こりうる自然災害が大きな被害をもたらさないようにお祈りのお焚き上げをしていただきます。

 

 

■ご支援をお待ちしています!

 

このような盛りだくさんの内容の企画ですが、実現のために60万円が足りていません。ぜひ皆様のご支援をいただきたいと思いREADYFORに応募しました。


このプロジェクトを通じて、丹那盆地の地理や歴史の魅力をアピールし、展覧会を見にいらっしゃる方々との交流を通じて、わずかな時間であっても、地域に賑わいが生まれることを期待しています。そして、この地域をより多くの人に知ってもらえたらと思っています。

 


 

 

【開催概要】

Cliff Edge Project 半島の傷跡

会期:2015年10月11日(日)-10月24日(土)(14日間/会期中無休) 

会場:第1会場 KURUBUSHI-BASE http://kurubushi-works.net/

   第2会場 渓月山長光寺 chokoji.jp

主催:クリフエッジプロジェクト cliff-edge.org

後援:函南町教育委員会 伊豆半島ジオパーク推進協議会
助成:福武財団 朝日新聞文化財団

協力:渓月山長光寺 有限会社中村園芸

制作:白石博一(左官/壁左匠しらいし)原田康補(kurubushi-base)

   遠藤高史(大工/High made nuts)鈴木政希(左官)遠藤正美(左官)   近藤正樹(木工作家)原田陽輔(木工作家/MAG TOUCH)千賀基央  (木工作家/せんがもとなか工房)

広報物デザイン:神村図像設計

   

◆Cliff Edge Projectの詳細・最新情報は下記よりご覧ください。

Facebook:https://www.facebook.com/CliffEdgePrj

Twitter:https://twitter.com/CliffEdgePrj

 

◆ 住康平 略歴

1979 飛騨高山生まれ

2009 東京芸術大学大学院博士後期課程満期退学

主な展覧会
2005 TAMAVIVANT2006 美術・そのひろがる輪郭

2005 Ongoing vol.04 よんで みて みて

2007 ケレン 主張する色彩

2014 Cliffedge Project 丹那の記憶

これまでに人間の意識や、鏡をテーマにしたインスタレーションの作品を展開。昨年からは、現在在住の静岡県伊豆地方の地理と歴史をテーマに作品を展開している。

作家HP:http://koheisumi.tumblr.com/

 

 

◆◇◆◇◆◇引換券について◆◇◆◇◆◇

 

ご支援いただいた皆さまには、下記の引換券をお送りします。


・Cliff Edge Project オリジナルてぬぐい(注染)

 

・お名前を展覧会会場とドキュメントブックに掲示します。

 

・ドキュメントブック

 ※このプロジェクトの活動記録集です。

 

・展示会場のギャラリーKURUBUSHI-BASE特製スティックキーホルダー  

 パドック、メープル、パープルハート、黒檀、栃に拭き漆などなど、木の質 感そのものを楽しむ銘木のキーホルダーです。
 ※どれか1本をこちらで選ばせていただきます。

 

 

・ジオ菓子コンプリートBOX

ジオガシ旅行団による伊豆半島の風景を切り取ってお菓子にした『ジオ菓子』

のコンプリートセット、ひとつひとつのお菓子に丁寧な解説付き。

 


・作品をかたどった三角柱のミニチュアオブジェ(朱、青で1組)

 ※写真は見本です。漆塗りで仕上げます。お盆は付きません。


・住康平のドローイング、新作未発表作品を額入りで(A4サイズ程度)

 ※写真はイメージです。丹那盆地の地図をテーマに描きます。


・左官の名匠、白石博一さん特製の光る泥団子(桐箱入り)


最新の新着情報