森光さんに出会ったのは、今泉の店を始められた頃でした。

当時から警固公民館で書の指導をしていましたので、

その行き帰りにコーヒーを飲み近くの「あまねや工藝店」を

のぞくというのがお決まりのコースになっていました。

大濠へ移られてからも、変わらず続いています。


とても気が合いました。

森光さんのコーヒーに打ち込む姿勢や、

美術やさまざまな芸術に対する話が面白くて、

若い頃は暇を見付けては何かと寄っていました。

それで長い付き合いの集大成として、

今年の5月に「美美珈琲」と一緒に、

アクロス福岡で書展「可否TIME」という、

コーヒーを飲んでもらいながら書を楽しむという展覧会を計画しました。

 

ところが去年の暮れに急逝されて、

「珈琲美美」もどうなることかと心配ましたが、

奥さんの充子さんが焙煎され店を続けるということでしたので、

森光さんが開発された「ねるっこコーヒー」を

皆さんに楽しんでもらう会が出来ました


そして今も変わることなく、

毎日美美のコーヒーを飲むことが出来て、

うれしい毎日を送っています。

 

 

 

書家 前崎鼎之

http://mteisi.exblog.jp/

 

福岡書芸院

http://www.syogei.com/

新着情報一覧へ