READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす

オーストラリアに滞在し、野生のオカメインコを撮影したい!

岡本勇太

岡本勇太

オーストラリアに滞在し、野生のオカメインコを撮影したい!
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

330,000

目標金額 700,000円

支援者
30人
募集終了日
2015年4月27日
30人 が支援しました
募集は終了しました
1お気に入り登録1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

1お気に入り登録1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

広大なオーストラリアを移動するのに必要な車を購入し、野生のオカメインコが逞しく暮らす姿を撮影したい!

 

はじめまして、動物写真家の岡本勇太と申します。野生のオウム・インコ類を追いかけるため、専門学校卒業後にこれまで、アルバイトや仕事で貯めたお金でオーストラリアに計5回訪れました。

野生のオカメインコは、餌を求めてオーストラリアの広大な大地を移動するので、見つけることが困難です。このプロジェクトでは、クロスカントリー車を購入することで、彼らを長期間追いかけ、今まで見ることができなかった、子どもを産んでから巣立つまでの一連の行動を観察・撮影します。

 

しかし、オーストラリアでの滞在・撮影を行うための費用が不足しています。皆様のご支援を頂けないでしょうか。

 

 

(オカメインコのコンピー)

 

 

オカメインコを飼い始めたことをきっかけに写真家を志し、
彼らの野生の姿をとらえることが夢となりました。

 

僕は、子どもの頃から生きものが大好きで、虫取りや川遊びに夢中な少年時代を過ごしました。

高校生の時、オウムの仲間・オカメインコの「コンピー」とペットショップで出逢いました。彼女と生活を共にするうちに、おっとりしていてマイペースなオカメインコが野生ではどのように暮らしているか、気になるようになりました。

それと同じ頃、近所の川にコハクチョウが飛来しました。彼らの美しい姿を残したいと思い、アルバイトで貯めたお金で一眼レフカメラを買い、写真家を志しました。

 

 

(力強く羽ばたく野生のオカメインコ)

 

(オカメインコのつがい)

 

(月と野生のキバタン)

 

(群れで飛行する野生のセキセイインコ)

 

(昼寝するモモイロインコ)

 

ペットとして人気であるインコ・オウム類の野生の姿を見ることは難しく、
それをとらえた資料はほとんどありません。

 

野生のオウム・インコ類の多くは熱帯及び亜熱帯の地域に分布していています。インコ・オウム類といえば、知能が高い事で有名です。見た目も鮮やかな種類が多くて、人にも慣れやすく、おしゃべりや芸を覚えるなど、コンパニオンアニマルとしての魅力は犬・猫にも劣りません。

 

動物園の人気者でペットとして親しまれるオウム・インコ類ですが、野生の姿を捉えた資料はほとんどありませんでした。オカメインコの野生の個体は乾燥した土地を好み、餌を求めてオーストラリアの広大な大地を移動するので、見る事が難しいと言われています。

 

 


(これまでに雑誌等で野生のオウム・インコの写真を提供してきました)

 

 

野生のオカメインコが逞しく暮らす姿を多くの人に知ってもらいたい!

 

私は2009年に、野生のオカメインコに会うためにオーストラリアに渡豪し、気温40℃を超える過酷な環境のなか、彼らの姿を見る事が出来ました。青い空を力強く羽ばたいている彼らの姿に魅了され、アルバイトや仕事をしながら貯めたお金で計5回、オーストラリアに足を運びました。写真を撮っているうちに「インコ・オウムが大自然のなかで暮らしている姿を多くの人に知ってもらいたい」と自分のなかで強く感じました。

 

その後は、雑誌での発表も勢力的に行い、誠文堂新光社の季刊誌「コンパニオンバード」や科学雑誌「Newton2014年6月号」のインコ・オウムの特集ページなどに写真を使っていただきました。また、2012年に日本では初となる野生のオウム・インコの写真集「Beauty in the nature」を出版。現在もライフワークとして野生のオウム・インコ類の撮影を行っています。

 

 

(野生のオウム・インコの姿を求めて)

 


野生のオカメインコを大自然の中、長期で追いかけ
これまでと違った一面を撮影することに全力を注ぎます。

 

ワーキングホリデービザを取得し、今年の7月に渡豪し、野生のオカメインコを追いかけたいと思っております。これまでは、仕事の関係で、最長でも2週間ほどの滞在だったので、見つけて撮影して終わり、という写真しか撮れませんでした。今回は1ヶ月ほどの撮影期間を設け、大自然でキャンプ生活をしながら彼らの姿を捉えたいと思います。長期滞在する事で、子どもを産んでから巣立つまでの一連の行動を観察・撮影することで、オカメインコの逞しい違った一面が見られるはずです。


長距離を旅し乾燥した土地を好む彼らの生息地は、人間の生活圏から外れ、道路も舗装されていない場所が多いため、本格的なクロスカントリー車の用意が必要です。頂いたお金は車の購入資金+滞在費に使う予定です。

 

 

日本に帰国した後は、野生のオカメインコだけの写真集を出版したいと考えております。可愛いだけじゃない逞しい野生の彼らの一面を多くの人に伝えていきたいです。彼らの野生の姿を知ってもらう事によって、飼い鳥の新たな飼育方法、現地の環境保護に繋がる架け橋になりたいです。

 

僕の夢をかなえるため、どうか皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

■引換券のご紹介

 

・ポストカード4枚

ご支援いただいた方に、私が撮影いたしましたポストカード4枚をご送付させていただきます。以下はその一例になります。

 

・サイン付き写真集

2012年に出版しました、日本では初となる野生のオウム・インコの写真集「Beauty in the nature」にサインを付けてお送りさせていただきます。

 

 

A4、A3写真はこの写真の中からセレクトください。

 

・額縁入りA4写真

私が撮影いたしました写真の中から一枚を、A4サイズ、額縁入りでお送りさせていただきます。

 

 

・額縁入りA3写真

私が撮影いたしました写真の中から一枚を、A3サイズ、額縁入りでお送りさせていただきます。

 

・ご自宅にお伺いし、支援者様のペットの撮影を行います。(20カットほど撮影しデータ渡し)

 

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

1987年生まれ。高校生の時オカメインコの「コンピー」を飼い始め、野生の彼らがどんな生態をしているのかに興味を持つ。現在写真家として活動中。

リターン

3,000

alt

・サンクスメール
・サイン付き写真集またはポストカード4枚セット

支援者
19人
在庫数
制限なし

10,000

alt

・サンクスメール
・サイン付き写真集
・額縁入りA4写真

支援者
8人
在庫数
制限なし

30,000

alt

・サンクスメール
・サイン付き写真集
・額縁入りA3写真

支援者
5人
在庫数
制限なし

40,000

alt

・サンクスメール
・サイン付き写真集
・ご自宅にお伺いし、お宅のペットの撮影を行います。(6月末までに撮影できる方限定、関東限定で交通費別途)

支援者
1人
在庫数
4

プロフィール

1987年生まれ。高校生の時オカメインコの「コンピー」を飼い始め、野生の彼らがどんな生態をしているのかに興味を持つ。現在写真家として活動中。

あなたにおすすめのプロジェクト

達成

プラスチックとどう共生していくか。みんなでエコを考える場を!

宇山 浩(大阪大学工学研究科教授)宇山 浩(大阪大学工学研究科教授)

#環境保護

180%
現在
2,164,000円
寄附者
86人
残り
12日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする応募・相談をする

プロジェクトの相談をする