プロジェクト概要

 「クリエイティブの可能性」(※)の仲間と被災地へ泥かきに行ってきます。
僕たちが自分の目で心で受け取ったことを、
「被災地支援に行きたいと思っているにもかかわらず、あと一歩踏み出せないでいるであろう全国の他学生たち」に伝える映像を創ります。

 

 3.11 この日、僕は、面接のため東京に向かう新幹線のトンネルの中でした。
車内に9時間半閉じ込められ、停電の車内で悲惨な映像や事実を目にし驚愕しました。
同時に東北に家族を残す乗客をみんなで励ます、広がる車内の支援の輪に感動しました。その後、日本中でいや世界中で、それこそ色んな立場の人が、色んな支援をしましたよね。義援金、支援金、ボランティア、ムーブメント、プロジェクト。
しかし、僕を含めた学生の仲間達は、お金もない、専門性もない、心と体だけの存在で何もできずまったくの無力と感じていました。

 

 そんな経験をした仲間達で、いまやっと僕たちでも出来る事「泥かき」を現地で
ドロドロになって経験し、当時の想いを振り返ったり、現状をしっかりと見つめる事をし、ボランティアとは?生きるとは?に対して逃げずに自分たちで向き合ってきます。
そうして様々な想いや対話を通して、一つのコンテンツを生み出したいと思っています。

 

 東北は、被災地は遠いです。特に関西に在住する僕のような大学生にとって、それは距離的にも、心理的にも、経済的にも。次世代を担う若者として、この経験を通してたくさんの事を感じ、たくさんの事を思考し、たくさんの事から目を背けずに動く人間でいたい。そんな体験を共有できる仲間達と数日間、現地の為に動いてくるための費用分担の手助けとして、一口どうぞ宜しくお願いします。
僕たちなりの方法で、確実に支援を頂いた方の分も、たくさん働いてきます。宜しくお願いします。

クリエイティブの可能性東北合宿:http://bit.ly/nQxEyV
 

〈プロジェクト詳細〉

【期間】2011.08.18(木)〜08.21(日)
【対象】「クリエイティブの可能性」を信じている学​生、OB。
【目的】日本の未来、自分の未来を考える機会とする|ボランティアをする|ボランティアCMを創る|
【行程】
  8月18日(木)|深夜23時ぐらいのバスで東京 発(車中泊)

  8月19日(金)|石巻ボランティア「復興缶詰洗浄作業 」(木の屋)|木の屋社長講義|夜クリエイティブ会議|取材撮影

  8月20日(土)|陸前高田ボランティア「陸前高田泥かき作業」|一本松、縁の方の講義|夜クリエイティブ会議|取材撮影

  8月21日(日)|取材撮影|帰路車中クリエイティブ会議|1 5時ぐらいに現地発(移動中講義)21時東京着予定

【編集制作期間】2011.08.22(月)~08.31(水)

【映像公開日】8月31日(水)

 

 

〈講義「クリエイティブの可能性」とは〉

 「クリエイティブの可能性」は、大学の講義です。しかし、それは同時にプロジェクトでもあります。これは、普通の講義ではありませんでした。まず、生徒が所属する大学がひとつではありません。京都には50の大学があります。この50の大学は、この授業の受講資格があり、単位を取得できました。ですから、就職活動をする人も、お医者さんになる人も、弁護士になる人も、学者になる人も、学校の先生になる人も、広告屋さんになる人も、作家になる人、シンガーになる人、海外で活躍する人、フランスにゲイ修行にいった人、仏門に入る人、誰かの弟子になる人、もちろんお母さんになる人もいます。一年に約200人の生徒がいましたから1400人ぐらいいた勘定になります。

 こういった、学生が人生をきらりと光らせるスパイス「クリエイティブ」を探求していくプロジェクトを、講義が終わった今も継続活動しています。
http://dream-d.net/ishijun/2011/03/creative-forever/


最新の新着情報