こんばんは。今日も素敵なご支援を頂きました。

友人、そしてはじめましての方。本当にありがとうございます!

 

今日は、なぜ今回クラウドファンディングをやってみようと思ったかを書いてみようと思います。

 

実は、最初にReadyforさんにクラウドファンディングの計画をお伝えした時の内容は今回のイベント開催ではありませんでした。

その時はすでにウィッグ制作に着手し始めていた時で、これから開発にかかる費用なども含めまとまったお金が必要になると思い、開発費の一部を集めようという計画内容だったんです。

 

しかし、マスターズテックさん、マスターズプランナーさんが「開発にかかった費用は請求しない。商品化までは無償で良いです」とおっしゃって下さり、そのお言葉に甘えさせて頂いた事で、クラウドファンディングの計画は必要なくなりました。

 

事業資金も何とか自力で用意することができ、あとは本格的に始動するだけ。

 

そう思っていた時、ふと白紙になったクラウドファンディングの事を思い出しました。

元々様々なプロジェクトを見るのが好きでよくページを見ていたので、クラウドファンディングを行った事による影響力や反響の大きさも知っていました。

 

そして気づいたんです。

これ、ただの資金集めじゃなくてPR活動なんだ。

小児脱毛症の事、知ってもらう大きなチャンスかもしれない。

 

小児脱毛症のお子様とご家族を笑顔にできて、活動をPRできて、その様子を多くの人に知ってもらえる事って何があるだろう?

 

その答えが「イベント開催」でした。

 

思いついたら即行動。そこから今回の計画は始まりました。

担当の方と一緒に計画を煮詰めていくのも楽しかったし、ページを作っていくのも面白かった。Readyforを通じて再会できた知人もいたり、本当に素晴らしい体験をさせてもらっています。

 

あとはちゃんと目標達成すること。イベントを大成功で終わらせること。

すべて成功する未来しか信じていないので、不安はありません。(そんなこと言って、またくよくよするかもしれないけど。笑)

 

私の活動は、必ず多くの脱毛症のお子様やご家族を笑顔に、そして幸せにします。

胸をはって皆さんにご支援をお願いしたいと思います。

新着情報一覧へ