本日最終日。ラスト1時間となりました。

6/16からスタートしたDream Assortのクラウドファンディング。

いよいよ本日最終日を迎えました。

 

達成率は現時点で59%。目標まではあと40万円のご支援が必要な状況です。

あと1時間でどこまでいけるのか。どんな結果になったとしても、最後の瞬間はここまで支えて下さった皆様への感謝の気持ちだけを胸に、静かに迎えたいと思っています。

 

小児脱毛症という病気。

命にかかわるわけでもなく、日常生活においての制限はまったくありませんが、

「何かを制限する必要はないけれど、制限せざるを得ない状況」に立たされることの多い病気です。

 

時にその不都合さは、心に暗い影を落とします。

「誰も私の気持ちなんかわからない」「誰の言う事も聞き入れたくない」

かつて私が抱えてきた、世の中に対する恨みの感情たち。

この「世の中」という実体のないものに、勝手におびえ続けていた日々を今、思い出しています。

 

でもそれは違う。

母として私がやるべき事は、社会に自分たちの辛さ、苦しみを理解してもらおうとする事じゃない。

 

私たちの方から社会に手を差し伸べる事。

病気があっても共に生きていきたいんだと、勇気を出して伝える事だと思うのです。

 

しかし、この思いを脱毛症のお子様を持つご家族の方たちに伝えようとしても、なかなかうまくいかない事も現実としてあります。

私自身、周りの人からの助言を長いこと受け入れられなかった事は事実なので、私の思いを拒否する人の気持ちは痛いほどよくわかります。

 

soarさんの記事にも書いて頂いた通り、母親というものは「自分の事なら平気な事も、子供の事となると冷静にはなれないもの」。

 

それでも私の願いは変わりません。

 

髪を失った子供達をひとりでも多く笑顔にする事。

子供達を笑顔にするには、お母さん達を笑顔にしなければなりません。

優芽という娘をもった時から、私にはその使命があります。

 

いよいよ、ラスト1時間。

ここまで一緒に走って下さり、本当にありがとうございました。

脱毛症の子供をもつ母が立ち上げたクラウドファンディング。

 

どうぞ最後までお見守り下さい。

 

新井 舞

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています