昨日のイベントでは、私のブログの読者様が主に足を運んで下さいました。お子様、お母様合わせて総勢18名。

これだけたくさんの脱毛症のお子様にお会いしたのは私にとっても初めての経験でした。

 

イベントでは来場記念の撮影会を行ったのですが、子供たちの笑顔のまぶしいこと!!

「Fun Kids Wig!」を着けてくれた子、いつもの自分で撮影した子と様々ですが、どの子にも同じ共通点がありました。

それは全身から「これがぼくだよ!わたしだよ!」というオーラが出ていること。

参加者のお子様の殆どは未就学児〜小学校低学年のお子様。

知らない大人達もたくさんいる中で注目をされることを恥ずかしがるどころか、「自分を見て!」と言うような自信に満ち溢れた笑顔を見せてくれたのです。

 

その輝きに圧倒されてしまった私。

お母様達との座談会でも「私たちの子どもって決してかわいそうな子じゃないよね!」という話になったのですが、本当にその通り。

かわいそうどころか、こんなに堂々と自分というものを表現している。

それって本当に尊いことだと感じました。

 

あの感動は、その場にいなければ絶対に味わえないもの。

次はより多くのお母さんたちと一緒に味わいたい。

そのためには何としても目標達成しなければと思っています。

 

まずは自分の身近なところから支援を頂けるようにというのがクラウドファンディングにおいては外せないセオリーのようですが、私はそれは最後の手段にとっておきたいと考えています。

このプロジェクトをもってどれくらいの人に小児脱毛症の事を伝えられるか。

それを知るためのチャレンジでもあるからです。

 

信頼も実績も人脈もお金も何も持ち合わせていない私にとって、家族から言わせれば起業自体が「無謀なチャレンジ」。

でも、何故だか好きなのです、昔から。大きな壁に立ち向かう事が。

ここだけの話、失敗してきたことのほうが多いんですけどね・・・(笑)

 

こんな私ですが、どうぞよろしくお願い致します。

新着情報一覧へ