パヤタスはどんなところ?

 

プロジェクトオープン期間はいよいよ最終日となりました!

最後まで応援よろしくお願いいたします!

 

 

今回は

私たちのファッションショーのモデルになってくれる子どもたちの住む

パヤタスとはどんなところなのか紹介します。

 

トップページでも少し紹介したように

パヤタスはフィリピンのケソン市に位置し

1 日あたり 6334 トンにのぼる膨大な廃棄物が

フィリピン各地から運ばれてできた、巨大なゴミ山のことです。

 

パヤタスに住むたくさんの人がゴミ山から食材や衣服など

日常生活で必要なものを拾ったり

売ってお金になるようなものを拾う

スカベンジャー」という仕事で生計をたてています。

上の写真は全てゴミでできた山です。

雨季などの湿気が多い時期になると

想像を絶する強いにおいがします。

 

しかし、

今年の夏にパヤタスに訪れるとその匂いがありませんでした。

 

その理由は、ゴミ山があまりに大きくなり危険だとされ

立ち入り禁止となってしまったのです。

それゆえ、スカベンジャーの仕事がなくなってしまいました。

 

毎日の生活に困っている家庭もありました。

 

 

写真に写っている鳥は各家庭で飼われている鳥です

 

 

子どもたちはこのような場所を走り回って遊んだりしていました。

 

ここがパヤタスというとこです。

 

私たちDEAR MEの創るファッションショーは

パヤタスの子どもたちと一緒に創ります!!

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています