みなさま お元気ですか?

初めてクラウドファンデングに挑戦することになった小津和 知穂と申します。

お忙しい中、ご覧いただきまして感謝いたします。

 

公開して数日ですが、直接は面識のない方からの応援メッセージとご支援に、驚きと有難さで胸が震えています。宣伝不足でこれからですが、頑張っていきます。

 

劇団新制作座は、創立者の真山美保の父、真山青果が宮城県仙台市出身で、文学碑が若林区役所にあります。「南小泉村」という小説で文壇にデビュー、後に東京に出て、松竹(株)の創立者大谷竹次郎氏と出会い、歌舞伎・新国劇・新派などに、近代戯曲作品100編を書き下ろし、今日も歌舞伎座等で上演されています。

 

東北地方は文学者・教育者・哲学者・思想家、あまたの才能を生み出した豊かな土地です。その東北が東日本大震災で大きな打撃を受け、私たちは東京にいて出来ることを探していました。全国の皆さんも同じ思いであったと思います。

自分たちは、演劇人だから、やっぱり舞台を持っていこうと考え動きました。

地元の方の負担にならないように準備を進め、資金集めに奔走しました。

 

劇団員は勿論ノーギャラですが、他の経費がかかります。

照明は外注(彼らも応援してくれました)、あらゆるやさしさと寄り添う心を集め

さあ・・・岩沼市へ、どうかご協力ください。

 

¥5,000-の引換券から泥かぶら岩沼公演の入場整理券をお付けしました。

岩沼市にお住まいの方は勿論、広く東北各地からも是非観にきてください。

ご覧いただけない方には、岩沼公演の記録DVDをお送りします。

 

仙台空港(岩沼市)の当時の写真より

 

 

 

 

新着情報一覧へ