READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

地域貢献のためグループホームに太陽光・貯水タンクを設置します

D’S PALETTE

D’S PALETTE

地域貢献のためグループホームに太陽光・貯水タンクを設置します
支援総額
505,000

目標 3,000,000円

支援者
51人
残り
終了しました
募集は終了しました
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

5お気に入り登録5人がお気に入りしています

プロジェクト本文

障がいを持った方とそこに関わる人たちが笑顔で共生できる社会づくりを目指して

 

私たちディーズパレット株式会社は、株式会社中商という会社で住宅や庭づくりをしている会社内から、障がいを持った方やその親御様が安心して生活できる住居(グループホーム)を提供するため、グループホーム運営事業者&障害を持った方とそのご家族&地域の皆様が共生できる社会をつくる「ANDプロジェクト」チームとして結成されました。

私たちがつくるのは、ただ障がいを持った方が入れれば良い施設ではありません。日差しや風の採り入れ方、四季を通して快適に過ごせる空間づくり、生活動線、安心で気持ち良い建築資材選びなど、住宅会社で培ったノウハウを生かし、「安心してくつろげる住まい」をつくっています。

 

 

背中を押したのは、親御様の『たすけて』の一言でした。

 

このプロジェクト立ち上げのきっかけとなったのは、ただの『偶然』…当社代表の中島が、ある地域のグループホームを運営している社会福祉法人の方との出会いが始まりでした。

 

日本国内における障がい者の数は年々増えているにも関わらず、グループホームの供給が全く追い付いていないことを知ることとなったのです。

(参照:内閣府ホームページhttp://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/h28hakusho/zenbun/siryo_02.html

 

それもただ数が足りていないという単純な問題ではなく、現存するグループホーム自体にも大きな問題があり、ほとんどのグループホームが中古戸建・団地・アパートで、プライベート空間もなく、狭い部屋に複数人が生活していたり、建物の耐震性にも不安が残り、『安心して暮らせる家』が少ないというのが現状。さらに大きな問題となるのは、新築グループホームは少ない上に家賃も高く、親御様の支援がなければ障がいを持った方が生活できないことにありました。

 

また、グループホーム開設計画を十数年間に何度も計画したが、地域の理解を得られず断念してきたという福祉事業者様もいらっしゃいました。

 

障がい者グループホームの日本国内の現状を知り、しかし一介の建築事業者に何ができるだろうか…出来ることなんてあるんだろうか…と頭を悩ませる日が続きました。

 

そんなある日、中島が地域の「障がい者をもつ親の会」に参加する機会があり、そこでさらに悲痛な声を、今現在もお子さんの介助を続けている親御様の生の声を直接聴くこととなりました。

 

「グループホームの空きを何年も待っている」

「自身が高齢になってきたため、あと何年介助できるか…」

「私がいなくなったら、あの子はどうなるの?誰が助けてくれるの?」

 

親御様の高齢化も進み、グループホームの必要性は日に日に高まっていることを実感し、ついに中島の決意が固まりました。

 

『親亡き後も生活出来る家賃設定の新築グループホームを作ろう!』

 

スタートまでに少し時間はかかりましたが、私たちは障害者基礎年金内で生活出来る、新築で住み心地の良い、安心して暮らせる住まいを実現させました。

 

グループホームの運営事業者、障がいを持つ方とその親御様、双方が抱える問題を解決するためには建築の知識と、建設時の近隣対応が不可欠です。私たちにはすでに建築のノウハウがありましたし、開設時に事業者の負担を少しでも軽くできるよう、協力を惜しむことはしません。

多くの建築会社・不動産会社は利益率や近隣対応のことを考えて参入したがらない分野ですので、『当社がやらずに誰がやるんだ!』という想いから本プロジェクトを立ち上げました。

 

▼親御様からお手紙をいただきました。

 

 

 

 

 

 

地域防災に貢献する障がい者グループホームの普及にご協力をお願いいたします。

 

地域の理解を得、かつ地域の防災拠点として機能を備える目的で、建築が決まっている2箇所のグループホームに太陽光発電と貯水タンクの設置のためご協力を募っております。

 

201810月上旬に関西に上陸した台風21号では関西地区にて7週間程度、停電や断水があった地域が数多くあり、現状まだ復興が出来ていない地域が数多くあることから、上記設備設置を考えました。

 

また、地域と助け合うことで地域住民様への理解も深めることで、グループホームの普及活動にもつながって欲しいという想いもあります。

 

グループホームの運営事業者が「十数年計画をしてきたが地域の理解をえられなかった」という声があるように、まだまだ社会的に理解してもらえないというのが実態です。

障がい者グループホームの建設・開設には法令上、近隣住民の許可は必要ないとされていますが、私たちは、可能な限り障がいを持った方の地域共生の想いがあり、災害停電時の携帯充電ステーションや断水時の貯水提供の設備を整えることで、障害の有無に関係なく、共生できる場を目指しています。

 

 

障害をもった方が、地域の方たちと笑顔で共生できる社会へ

 

今後、私たちは障害者基礎年金内で生活できる家賃形態の新築グループホームを建築し、現状供給率が6%未満の状態を20%まで引き上げ、障がいを持った方とそのご家族が安心して生活できる住まいの提供を実現して参ります。

また、それと同時にグループホームを通じて地域貢献を実施し、障がいを持った方が地域の方たちと笑顔で共生できる社会づくりにチャレンジして参ります。

 

 

▼建築スケジュール

 

※着手予定日:2018年12月1日(河内長野)、2018年12月20日(富田林)

 

▼ご支援金の使用内訳について

太陽光および貯水タンクの2か所のグループホームへの設置には多額の費用が必要となりますので、設置費用の一部に充てさせていただきます。

グループホーム一か所につき約500万円の費用が必要となりますが、All or Nothing方式を採用しているため、スタート金額は300万円で設定させていただいております。目標金額を超えて集まったご支援金につきましても、すべてグループホームの太陽光・貯水タンクの設備投資に使わせていただく予定でおります。

 

着工開始以降、経過報告をさせていただきます。

 

<目標金額300万円の内訳>

・太陽光・貯水タンクの購入および設置費用:2,611,200円

・Readyforサービス利用手数料:388,800円(税込)

 

▼リターンについて

 

・お礼の手紙(当社・入居者様の親御様の分)

プロジェクトメンバー及びグループホーム利用者の親御様にご協力いただき

お手紙にて感謝の気持ちをお伝えさせていただきます。

 

・写真

グループホーム完成後の写真を同封させていただきます。

 

※お手紙、写真のお届けはグループホーム完成後、1か月以内にお送りさせていただきます。

 

▼プロジェクトの終了要項

2019年5月31日までに富田林・河内長野のグループホームが完成したことをもってプロジェクトを終了とします。 

着手予定日:2018年12月1日(河内長野)、2018年12月20日(富田林)

 

もっとみる
プロフィール
D’S PALETTE
D’S PALETTE
ディーズパレット株式会社は、株式会社中商という会社で住宅や庭づくりをしている会社内から、障がいを持った方やその親御様が安心して生活できる住居(グループホーム)を提供するため、グループホーム運営事業者&障害を持った方とそのご家族&地域の皆様が共生できる社会をつくる「ANDプロジェクト」チームとして結成されました。 私たちがつくるのは、ただ障がいを持った方が入れれば良い施設ではありません。日差しや風の採り入れ方、四季を通して快適に過ごせる空間づくり、生活動線、安心で気持ち良い建築資材選びなど、住宅会社で培ったノウハウを生かし、「安心してくつろげる住まい」をつくっています。

リターン

3,000

共生社会づくりに参加する!

・お礼の手紙
プロジェクトメンバー及びグループホーム利用者の親御様にご協力いただき、お手紙にて感謝の気持ちをお伝えさせていただきます。
・完成写真
グループホーム完成後の写真を同封いたします

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

5,000

共生社会づくりに参加する!

・お礼の手紙
プロジェクトメンバー及びグループホーム利用者の親御様にご協力いただき、お手紙にて感謝の気持ちをお伝えさせていただきます。
・完成写真
グループホーム完成後の写真を同封いたします

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

10,000

共生社会づくりに参加する!

・お礼の手紙
プロジェクトメンバー及びグループホーム利用者の親御様にご協力いただき、お手紙にて感謝の気持ちをお伝えさせていただきます。
・完成写真
グループホーム完成後の写真を同封いたします

支援者
32人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

30,000

共生社会づくりに参加する!

・お礼の手紙
プロジェクトメンバー及びグループホーム利用者の親御様にご協力いただき、お手紙にて感謝の気持ちをお伝えさせていただきます。
・完成写真
グループホーム完成後の写真を同封いたします

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

50,000

共生社会づくりに参加する!

・お礼の手紙
プロジェクトメンバー及びグループホーム利用者の親御様にご協力いただき、お手紙にて感謝の気持ちをお伝えさせていただきます。
・完成写真
グループホーム完成後の写真を同封いたします

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

100,000

共生社会づくりに参加する!

・お礼の手紙
プロジェクトメンバー及びグループホーム利用者の親御様にご協力いただき、お手紙にて感謝の気持ちをお伝えさせていただきます。
・完成写真
グループホーム完成後の写真を同封いたします

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月
プロフィール
D’S PALETTE
D’S PALETTE
ディーズパレット株式会社は、株式会社中商という会社で住宅や庭づくりをしている会社内から、障がいを持った方やその親御様が安心して生活できる住居(グループホーム)を提供するため、グループホーム運営事業者&障害を持った方とそのご家族&地域の皆様が共生できる社会をつくる「ANDプロジェクト」チームとして結成されました。 私たちがつくるのは、ただ障がいを持った方が入れれば良い施設ではありません。日差しや風の採り入れ方、四季を通して快適に過ごせる空間づくり、生活動線、安心で気持ち良い建築資材選びなど、住宅会社で培ったノウハウを生かし、「安心してくつろげる住まい」をつくっています。

あなたにおすすめのプロジェクト

ここには仲間がいる。病気や障害と闘う子供の手形10万枚を世界へ

Hand Stamp Art ProjectHand Stamp Art Project

#子ども・教育

累計支援者数
11人
継続会員数
1人

放射線治療患者の疑問や悩みに寄り添う手引書「つなぐ手帳」を!

NPO法人つなぐサポート神戸NPO法人つなぐサポート神戸

#医療・福祉

38%
現在
134,000円
支援者
18人
残り
36日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする