プロジェクト終了報告

2018年11月07日

プロジェクト完了報告

皆さまからの大きな力を頂き、プロジェクトが完了となりました!

プロジェクト完了報告をさせていただきます!

 

【屋根の修理】

 

夏の台風で壊れた屋根は、かなり老朽化したトタン屋根で、ボロボロのサビサビでしたが、雨漏りしたり、屋根が飛んでいかないよう、ちゃんとしたものをつけてもらいました。

はがれた屋根
消防車で撤去してもらった後、施設の空きスペースに置いていました

 

はがした屋根の下は、ボロボロのベニヤ板
はがした屋根の下は、ボロボロのベニヤ板がむき出しでした

 

高所作業
ベテランの工事屋さんに新しい屋根の取り付けをしていただきました

 

新しい屋根
青空に映える、新しい屋根になりました!

 

これで、雨漏りの心配もなく、保護犬たちも穏やかに暮らせます!

皆さま、ご支援ありがとうございました!!

 

 

【壁の修理】

 

台風の影響は、屋根だけでなく、外壁にもおよびました。

化粧板ではありますが、落下すると危険です・・・誰かに当たるといった被害はありませんでしたが、直さないと被害が拡大しますので直すことにしました。

落ちた外壁
台風の爪痕は痛々しい・・・

 

壁の修理はこれからですが、ここも直していきます!

 

 

【2Fの防水処理】

 

昔、2階しか使っていなかった時代のスペースの一部が、繊細な保護犬のための個室の壁や、床もボロボロのコンクリートのまま放置されています。

 

保護犬は、老犬や病犬になってから飼育放棄された子もおり、オシッコやウンチを床でしてしまうこともあるため、衛生面を考えると、床の防水処理が欠かせません

ボロボロの床
色々とボロボロです・・・

 

今使っているトレーニングルームを拡張して2倍の大きさにする工事は、壊れたエレベーターの撤去や壁面の断熱加工・防水加工もあり、業者に見積もりを頼むと1000万超えでしたが、いきなりそこまでは難しいので、ひとまず、床の防水処理を、当初の目標金額以上に皆さまからご支援いただいたお金を使い、出来る所は自分たちでやっていきます!

 

施工は来週以降に実施する予定です。

 

ただ、昨日も3頭と6頭、合わせて9頭の保護があり、病院に連れて行ったり色々と忙しいですが、保護犬が増えただけに、早く、保護犬が安心して動き回れるスペースを作ってあげたいです!!

 

特に昨日の6頭は、避妊去勢せずに近親相姦で増えて12頭、猫が50頭という状況!

犬の半数はDOG DUCAで、残りは愛護センターと協力し、他の愛護団体さんに引き取ってもらうことになりました。

多頭飼育崩壊した家庭
玄関ドアを開ける前からニオイがわかるくらい、異臭を放っているお家でした。

 

保護した犬たちは、とてもかわいい子ばかりです。

彼らには何の罪もないのに、ウンチもそこら中に転がっているような、異常な環境で暮らしています。この子たちのためにも、できるだけいい環境を作ってあげたいのです!

 

 

【リターン品について】

 

『DUCAの輪』『DUCAの輪+おそろいの首輪』に関しては、心をこめて作らせていただきました! 順次発送させていただきます。

 

『DUCAの輪』は、「安心してくつろげる家」「家族にとって大切な車」を守る「鍵」につけてもらうキーホルダー・・・ということで、首輪と同じデザインにしたものです。

 

飼い主様と愛犬をつなぐ「輪」でもあります!!

 

また、『命名権』ですが、まずは終了日前日に保護した、14kgもある超ビッグなプードルの名前をつけていただきました!!

超ビッグなあゆむ
毛がゴテゴテで、ウンチもついていましたが、ホワホワに!


この子は、飼い主が病気になり、今年に入ってからトリミングをされていなかったようで、毛玉だらけで目も隠れており、ウンチもこびりついて、かなり臭かったですが、シャンプー&トリミングをしてあげて、ホワホワのかわいい姿に!

 

この子の名前は、『あゆむ』に決めていただきました!

「これからは、幸せに一歩一歩、歩いていってほしい!」という願いが込められています!

 

体重がありすぎるので、譲渡よりもまずはダイエット!

幸せな暮らしに向けて、一歩一歩、歩んでいきます!

 

 

これからも、NPOの法人DOG DUCAの活動を見守っていて下さい!!

 

 

NPO法人DOG DUCA 代表 高橋 忍