公開から1週間が経ちました。
10名からの暖かいご支援を頂き、ありがとうございます!

始まる前までは、実感がなかったのですが、実際に大切なお金が数字上とは言え、動き始めていることに、身の引き締まる思いです。

 

支援して下さった方の思いに応えていける様、準備もしっかり進めて行きます!

 

今日は、今回のプロジェクトの実行へと背中を押してくれた、きっかけになった本をご紹介します!

 


「食育菜園(エディブル・スクールヤード)」

マーティン・ルーサー・キングJr.中学校の挑戦

 

著:センター・フォー・エコリテラシー

発行:家の光協会

 

この本の内容は、予想以上に濃いです。

生徒はもちろん、先生たちの心境の変化、各教科同士の連携などヒントになることが散りばめられています。

訳書ですが、とても読みやすい日本語に訳されていて、理解し易いです。

現在、本屋さんで新品は取り扱っていないようなので、図書館で借りるか、古本を探してみて下さい!一読の価値ありです!

 

最後に、
中学校の校長にEdible schoolyardを進めた、レストランのオーナーシェフのアリス・ウォーターズさんのメッセージを載せます。

 

畑から、キッチンから、食卓から学ぶことは

共感と思いやり、忍耐と自律心です。

こうしたカリキュラムは、子どもたちに未来の方角を指し示し、

生きる勇気を与えることができます。

 

新着情報一覧へ