10日間ほどで、目標の50%まで支援が集まりました。

みなさまの暖かいご支援、本当にありがとうございます!

引き続き、よろしくお願い致します。

 

今回のプロジェクトは五感を振るわす食育プログラムを行うための場づくりです。建築物は、講師の元、セルフビルドで建てる計画になっています!

 

今日は、エディブルスクールヤードとDIYの関係についてご紹介したいと思います。

 

本家のエディブルスクールヤードでは、食べ物を育てる以外にも、何でも「手作り」します。

日陰が欲しいときは、簡易小屋をつくったり、道具入れをつくったり、看板を建てたり・・・。

材料まで自然の中から調達してくる場合もあるんです。

それにより、何でも自作してみようという発想が生まれ、恊働による仲間作りや完成した時の喜びを分かち合うこと、など学びに要素が多く含まれています。

 

クラウドファンディングのプロジェクト内では、小屋や調理場を整備することが目的となっていますが、実は、DIY力はその後の食育プログラムがスタートした後にも活きてきます!実際、食育プログラムの中にもDIYする時間を設ける予定です。

 

リターンにもDIY講座参加券がついているものがあります。DIY本には載っていない、ちょっとしたコツから目から鱗の技までを、語り合いも通して学べる講座になっています!

 

 

講師の建築家の方からメッセージを頂いていますので載せますね。

 

 

何を作るにもまずは「丸のことインパクトドライバー」がつかえないと始まりません。使い方、コツ、何をすると危ないか、、、など簡単に目の前で作業しながら見せます。一緒に作業する事で ネット上では手に入らない思い出の時間となるでしょう。

 

道具が使えるようになったら 次は構造です。部材同士の組み合わせ方を作業しながら感じてもらいます。どこにビスを打てば強度が出るか?そんな小さな事も全体のバランスを整えて行きます。構造が分かってくると設計もできるようになります。

 

何事も同じだと思いますが「コツ」が成長の速度を上げてくれます。楽しさも与えてくれます。僕自身 大工の修行はしていません。でもこの春に自分の家を作りました。それができたのは職人の仕事を見て、手伝えることをみつけて、たくさん質問したからです。一緒に作業する!ともに完成に向かって進む!間違えたらやり直す!それを続けていれば出来上がります。作業だけでなく、食事や休憩の時間も共に味わいましょう。とても美味しいじかんですよ!

 

 

正直、私は早くこの講座に参加したいです(笑)。

人数制限を設けて、DIY講座を実施します。

(あまり人数が多いと手持ち無沙汰になってしまうため)
DIY付きのリターンも数が限られています。一緒に作り上げて、「結い」の関係でプロジェクトを進めて行けたらと思っています!

 

よろしくお願い致します!

新着情報一覧へ