2016年6月4日(土)19:00~20:30

「地域文化遺産保護の意義と永昌寺十六羅漢の保存修復について」
と題しまして、三名の講師による記念講演会が行われました。

 

「クラウドファンディングの活用」

講師:宮本晶朗(文化財マネージメント 代表)

 

「永昌寺本尊 聖観音菩薩坐像について」
講師:石井 智也(東北芸術工科大学大学院2年)

 

「永昌寺十六羅漢像の価値 ~クラウドファンディングを利用する意義~ 」

講師:岡田靖(木製彫刻文化財保存修復研究所 代表)

 

 各々の講師の先生からは、クラウドファンディング成功後の活動の参考になる貴重なお話や、今後の研究・発見につながる面白いお話を聴かせていただき、学術的で内容の濃い素晴らしい講演会でした。

 また遅い時間帯にもかかわらず、お檀家さんや地域の方を始め、近隣の市町村や遠方からも沢山の方にお運びいただき、本当に有り難かったです。終わってから、コアなメンバーによる打ち上げもかなり楽しかったですよ。 

 

 公開修復(6/4~6/12)修復は無事に終了

 修復完成記念公開(6/14~6/30)只今公開中

 

 近くの寒河江市・慈恩寺様のご開帳もごございますので、山形にお越しの際は、どうぞ合せてお立ち寄りください。下手ですが心を込めた「十六羅漢」のご朱印も書かせていただきますよ^^ 

以上、記念講演会のご報告でした。

 

   永昌寺副住職 布川 浩久

 

新着情報一覧へ