今回は靴づくりにおける3番目の工程である、

製甲についてご紹介します!

 

 

製甲とはアッパーの縫製作業のことをいいます。

アッパーってなに?と思われる方も多いと思いますので、

↓写真を用意しました!

 

 

 

これがアッパーです↑

ん?なにこれ…?と思われる方もいるかもしれないですが、

次の写真↓を見て頂ければわかると思います。

 

 

 

Emiliana♡レッドトレース

この靴の上の部分がアッパーといい、

アッパーをミシンで縫っていく作業を製甲といいます!

 

 

 

ミシン目がガタガタの靴はかっこよくないですよね…

製甲は非常に繊細な作業です。

 

 

意外かもしれれませんが、

製甲作業はスイッチを押したら

機械が勝手にやってくれるわけではありません。

 

 

製甲職人がミシンを自分の身体の一部のように扱い、

一足一足を縫い上げています。

 

 

 

 

 

 

これはEmiliana♡Orange pythonのアッパー。

このバラバラなパーツを立体的に組み合わせると…

 

Orange pythonができあがります。

 

 

次の新着情報では底付けをご紹介します。

この底付けという工程で、バラバラのパーツを立体的にし、

靴にしていきます。

 

 

新着情報一覧へ