このプロジェクトに関心を持ってくださった皆さん、こんにちは。日本フェアトレード・フォーラム(FTFJ)の小吹岳志です。

FTFJは日本におけるフェアトレードの普及活動と、フェアトレードタウン等の認定を行っています。2013年4月24日、バングラデシュ・ダッカ郊外の衣料工場のビルが倒壊し、1200人を超える女性労働者がなくなりました。そこで作られていたのは、先進国向けのいわゆるファストファッション製品です。日本も含めた先進国に住む消費者が、安さ、速さを求めると、底辺の生産者にしわ寄せが来ます。フェアトレードは、現在の貿易のシステムを公正にするという運動でもあります。私たち自身や企業の意識をエシカルに変えなければ、世界の問題は解決しないということを多くの人が知っていただくためにも、この取組に、賛同いただければ幸いです。

 

新着情報一覧へ