手や腕に障害がある子供は、特別支援学校に通うと勘違いをしていました。

 

静岡県立中央特別支援学校に見学に行き、校長先生と教頭先生にご指導いただきました。

手や腕の障害だけでの児童でしたら、もちろん特別支援学校でも引き受けていただけますが、本人と親御さんの希望で普通学校での教育も可能なのです。

 

普通学校で、ノートをとったりする作業を親御さんや友達のサポートを受けて、健常者と一緒に勉強しています。

この、『足操作マウス』があれば、パソコン教室も健常者と同じように授業を受けて、インターネットやゲームに興じたり、友達とメールやSNSでコミュニケーションを図ったりできます。

一日でも早く、全国の小中学校に配備されることを期待しております。

 

ということで。。。。

障害児童としてでなく、健常者と同じ授業を受けている児童を探していきます。

テレビでも発信しますが、お知り合いにいらっしゃいましたらぜひ「足操作マウス」が製品化されることをご紹介していただきたく、お願い申し上げます。

 

新着情報一覧へ