こんにちは。お世話になっております、ふじもんです。

 

おかげ様で、当初の目標金額に到達することができました。すべては皆様方の温かい応援とご協力のおかげでございます。改めまして、心より御礼申し上げます。

 

しかし、僕のプロジェクトのクラウドファンディングはまだ終わってはおりません。恐縮ではございますが、新たな目標を設定し、新着情報にあげさせていただきました。

 

次の目標は、80万円と設定しました。

 

どうしてこの金額なのか?ということですが、あと30万円のご支援がございますと、さらに次のことに取り組むことができます。

 

1.インドのスラム街に住む人々、子どもたちへの支援。

2.今後の活動における諸費用。

 

【1につきまして】

 

現在僕は実際にインドに住む知人およびインドとの関わりが深い日本人の方と密に連絡を取り合っており、スラム街や売春宿街、さらにはインド企業への訪問ができるよう、手配を進めております。

 

その中で、「スラムに住む人々にとって本当に今必要なものは何か」について話をしていました。その答えは、「彼らにとってまずもって必要なものは特別なものではない。生活必需品である。彼らは日本人が想像もつかないような、劣悪な環境に生きているということをまずは知ってほしい。」というお答えをいただきました。

 

 

もし今後より多くの資金を賜ることができれば、スラムに住む何百何千という人々に、今を生きるために必要な支援を送ることができます。それは実際に僕の手からスラムの人々に渡して参ります。

 

具体的には、以下のような支援を行うことができます。

 

・お皿やコップ、やかんなどの食器類
・洗剤や石鹸、タオルや衣類
・お米などの食料品や清潔な水

 

さらに学校に向けては

 

・ノートやペン、消しゴム
・大きなホワイトボードやマーカー
・机や椅子

 

など、物的な支援を行うことができます。これらの品1つ1つは安価ですが、スラムに住む人々の数は莫大なものになるので、かなりの金額が必要になります。

 

 

 

【2につきまして】

 

これは1よりもかなり少額です。今後日本で活動をしていくにあたりどうしても必要になる広告宣伝費や印刷物等の作成費に、一部を充てさせていただければと考えております。

 

大まかではありますが、以上の2点を考えております。

 

今こうしてクラウドファンディングをスタートし、多くの方々とお話をさせていただく中で、これから自分が実現したいことへのより明確な意識が固まっていくと同時に、皆様方のご支援を賜りながら行動していくことの責任を非常に感じております。

 

僕は今、本気で活動をしております。この世界を、日本を、少しでも良いものにできるよう、本気で動いております。

 

皆様方のご理解と応援をいただけましたら、本当に嬉しく思います。あと20日ほどの期間がございます。皆様、どうぞ今後ともどうぞよろしくお願い致します!

 

藤本 正樹(ふじもん)

新着情報一覧へ