プロジェクト概要

静岡県熱海の自然の中に、作り手の方が日本の文化や伝統を、
自由に発信することが出来る茶室ギャラリーを作りたい!

 

はじめまして、白仁田順子です。私は現在、インターネットショップ「おもてなしにっぽん」を運営しております。伝統工芸品等がどうやって作られているかを知ってもらいたいと思い、ショップで取り扱う商品を作っていらっしゃる生産者の方に会いに、全国の現場へと足を運びました。その歳、自然の変化や天災、それに後継者問題等、様々な問題に気づくことがありました。そこで、特に重要であると感じた“日本文化や伝統を守り継いでいく”場を作りたいと、今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

そこで、みなさまには茶室建設のためにお力をお貸し頂きたいのです!

 

(水車を回す動力源の小川)

 

茶室は、2015年5月に完成予定です!

 

今回日本の伝統文化を発信するための茶室を建設する“熱海”は、江戸時代には徳川家康が来湯し、明治以降は文人墨客が多く訪れた場所でもあり、古くから日本の文化を支えてきた歴史があります。また、温暖な気候と交通の便利も比較的に良く、たくさんの方に足を運んで頂ける場になると考えています。建設後の茶室では、作家(主人、亭主)や作品の作り手の方が、作品を展示し、訪れた人が実際に触れながら日本の文化について学ぶことができる環境づくりを目指しています。広さは3帖と狭いですが、限られた空間の中で、訪れた人1人1人を丁寧におもてなし致します。日本の文化や作り手の方が直接伝える場を提供することで、日本文化を後世へと守り継いでいきたいのです。

 

オープン後記念すべき第1弾では、作家を招いての杉の御香焚き(アロマセラピーのお香版のようなもの)を開催予定です!

 

(山の杉の葉を集めて乾燥しているところ)

 

天然素材100%、動力は電気ではなく水車で作られる”杉”のお香が日本の◎◎地区にはあります。山々と川に囲まれた自然豊かなその場を、◎◎年前の秋頃、私は訪れました。作り手の方は、馬場さんという方で“杉”の香を作成して◎◎年の熟練作業員です。“杉”の香作りは、近くの山から杉の葉を集めるところから始まります。この小川から流れる水のみを活用して水車を回し、集めた杉の葉を粉にしていきます。次に、粉末状になった杉の葉をふるいにかけ線香になる粉を整えます。一つ一つの行程に作り手の真心が込められた完成品は、とてもやさしい香りがします。

 

素敵な日本の伝統文化があっても、後継者不足からその存在自体が後世に伝えられることなく、消滅してしまうことを防ぎたい!

 

作り手の馬場さんのお話によると、後継者が、今のところはいないとのことでした。話しの中で馬場さんが「伝統文化は続かない」とも言われていました。こうしたお話を実際にお聞きする中で、消え行くある日本伝統文化を外に発信していくことができる場が必要であると強く思うようになりました。作り手が、自らの技術や作品を発表できる場があることで、彼らの作品が後継者不足から誰からの目に触れることなくいつしか消滅してしまうことを防ぐのです。実際の作品を通して、訪れた人に日本の素敵なさまざまな文化を体感して頂きたいと思います。そのために、今回のプロジェクトを通じて、日本の伝統文化を発信する場となる“茶室”を作りたいのです。

 

みなさま、どうぞご支援よろしくお願い致します!

 

★建設場所★
静岡県熱海市伊豆山1173

 

★ 引換券のご紹介★


A. サンクスレター(会員限定コンテンツ込み)


B. 水車のお香(50g入×2)
*天然100%杉のお香です


C. 川崎さんの紅茶セットリーフ1袋(50g入)
   紅茶ティーパック(2.5g×15)セット


D. 熱海老舗和菓子 きび餅(16個入)
大正時代に初代が熱海銀座で創業して以来、まごころ込めて伝統の味を守っております。熱海に縁りある文人たちにも愛された無添加、手作りの和菓子です。


E. 完成したギャラリー内へのお名前の掲載


F. 完成したギャラリー内へのお名前と応援コメントの掲載

*1名様ずつ個別に掲載致します!


G. ギャラリー展示会場1週間貸切
*現地までの交通費/宿泊費等は支援者様のご負担となります。
*インターネットによる要予約
*2015年5月1日〜2015年12月20日の期間で1回限りとなります。


H. ギャラリー展示会場 1ヶ月間貸切
*現地までの交通費/宿泊費等は支援者様のご負担となります。
*インターネットによる要予約
*2015年5月1日〜2015年12月20日の期間で1回限りとなります。


I. 完成披露パーティー招待
*現地までの交通費は支援者様のご負担となります。
*2015年5月1日〜2015年5月8日の期間で1回限りとなります。