数字とにらめっこできるのもあと8日と思って、
楽むことを忘れぬよう、ご支援を呼びかけています。
(もちろん内心ドキドキしていますが)

これは数年前に撮影した画像です。
世界遺産の構成資産エリアでもある場所に
大量に投棄されていました。
現在は、環境NPO団体の呼びかけによって集まった
ボランティアの方の手によってすべて回収されましたが、
「いたちごっこ」と言われるこの行為を
どうにか食い止めたいと本気で思っています。
夢みたいなことだと思われるかもしれませんが、
そんなことを、私たちは実現したいのです。

行政を通じて地元民が税金で処分費用を負担し、
企業がCSRで取り組んでくれるという流れは、
富士山エリアにおいて少しずつですが
構築されつつあります。
残すは、3000万人もの観光客の方々。
どうにかして民間レベルの環境保全に
ご協力いただけないかと考え、
寄付金付きの商品の提供にたどり着きました。
特に海外から訪れる方々に、
お土産を購入することでご協力いただきたい!
あと8日、WEBでも足でも、あるもの総動員で稼ぎます。
皆様の幅広いご支援、ご協力よろしくお願いします。

新着情報一覧へ