READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

新たな復興支援を目指す"FUKKO DESIGN"の始動へ

新たな復興支援を目指す"FUKKO DESIGN"の始動へ

支援総額

3,184,000

目標金額 3,000,000円

支援者
154人
募集終了日
2019年12月26日
プロジェクトは成立しました!
12お気に入り登録12人がお気に入りしています

12お気に入り登録12人がお気に入りしています
2019年12月19日 08:00

【特別対談】太田光代氏 × 河瀬大作 |「寄付」編

今回は、FUKKO DESIGN 代表理事の河瀬と親交が深く、活動へも応援を寄せてくれた太田光代さんとの対談をお届けいたします。
 

「3.11」「寄付」「そして、未来への備え」についてのストレートな意見から、新しい“復興”への考え方のヒントをお届けできればと思います。
 

(聞き手 / READYFOR)

*以下、敬称略

---------------

Vol.2:「寄付」編
---------------

 

余裕があるときに、自分に無理のない範囲でーー。
太田光代氏が考える、“支援のあり方”とは。

 

太田:寄付は本当に難しいんですよ。“高みから”っていうのはダメですし、私は、余裕がある時に自分の範囲で寄付をします。この業界にいると、寄付への関わり方もそうだし、色んなことを言う人がいて、難しいなと思うことはありますね。
 

動物系の団体に寄付をすると、「人間が大変なのに、なんで猫に寄付してるんだよ」と言ってくる人もいます。でも、そんなこと言ったって、生き物みんな生きていけないだろうということになってしまうので......。
 

寄付に関しては、これまでもいろいろと考えながら、“自分が納得した上でやる”というのが一番いいと思ってきました。出す金額にしても、ある程度、節度も必要だな、と。一気に、というよりは、私は継続的に寄付していこうと考えています。


河瀬:日本って「寄付文化」はまだ根付いていないですよね。アメリカの方がすごいって言いますよね。
 

太田:そうなんですよね。もし家族がいて、子どもがいて、孫ができて、とか将来のためにお金を少しでも残してあげようと思っていると、そんなに余裕がある人って、実は日本にあんまりいないんじゃないかなと思っていて。裕福だったとしても、寄付どころじゃないかもしれない。
 

今の日本って結構貧困だと思うんです。子どもがごはんを食べられないなんて、ちょっと前ならありえなかったのに、最近だとよく聞くようになって。
 

寄付する側も考えて出さないといけないし、「これだけ必要だから、はいそうですか」とすぐに出すわけにはいかない。

 


河瀬:太田さんが最初に寄付をしたのは、3.11の時ですか?
 

太田:3.11の前からです。寄付に関しては、わりと昔から考えていて、子どもの時から意識していました。このお金がどこに繋がるのかとか、むやみにやるものではないなとか、常に葛藤をしながら、でも、案外寄付していますね。
 

ただ、寄付をするためには、働かないといけないし、自分が働くためにはある程度、自分が楽しむためのエネルギーも必要なので、自分にお金をかけたほうがいい場合もあります。そういった余裕がある中で、できる支援をやりたいと思っています。寄付先についてはちゃんと調べながらです。
 

もちろん全部じゃないですけど、小さい頃から気になったら寄付をしていました。


河瀬:「本当かな」とか、「これはちゃんと役に立つのかな」ということもありますしね。
 

3.11から寄付に対する価値観も大きく変わったと思います。それまでは寄付に対して慎重でした。けど、その規模の大きさとか、津波の映像の破壊力とか、東北という場所とか......。価値観が変わる出来事だった。
 

そういえば太田さん、過去にクラウドファンディングでも支援されていますよね。
 

太田:被災地の子どもたちにクリスマスプレゼントを届ける、というプロジェクトに支援しました。子どもたちは散々きつい思いをしているわけだから、せめてクリスマスに“長靴のお菓子”があったほうがいいかなと、長靴のお菓子を送りました。
 

河瀬:そのプロジェクトはどうやって見つけたんですか?
 

太田:ツイッターで見つけました。活動の様子もしっかり見て、この人なら信頼できるな、と。その人とは今までも何回かやりとりしてて、この間の台風のときは、Amazonで養生テープが足りないということで、養生テープを買って送りました。
 

ちゃんと活動している人に対しては、支援しています。他にも保護猫のプロジェクトとか、それもツイッターで見つけて支援しました。これからも、機会があれば支援していくと思います。
 

*Vol.3 「そして、未来への備え」に続く→
 

一覧に戻る

リターン

3,000

お気持ちコース

・お礼のメッセージ

支援者
36人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

10,000

FUKKO DESIGNステッカーをお届け!

・お礼のメッセージ

・お名前をサイトに掲載

・FUKKO DESIGN ステッカー

支援者
60人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

12,000

クラウドファンディング達成イベントにご招待!

・お礼のメッセージ

・クラウドファンディング達成イベントにご招待

支援者
26人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

30,000

【グッズで応援!】FUKKO DESIGN トートバッグ

・お礼のメッセージ

・お名前をサイトに掲載

・FUKKO DESIGN ステッカー

・FUKKO DESIGN トートバッグ

・「#北海道のここがえーぞ」本にサポーターとしてお名前掲載

支援者
7人
在庫数
93
発送予定
2020年3月

30,000

リターン不要!FUKKO DESIGNの活動を応援

・お礼のメッセージ

・お名前をサイトに掲載

・FUKKO DESIGN ステッカー

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

50,000

オリジナルTシャツを着て、達成イベントに参加!

・お礼のメッセージ

・お名前をサイトに掲載

・FUKKO DESIGN ステッカー

・FUKKO DESIGN オリジナルTシャツ

・クラウドファンディング達成イベントにご招待

・「#北海道のここがえーぞ」本にサポーターとしてお名前掲載

・「#北海道のここがえーぞ」本を1冊お届け

支援者
4人
在庫数
16
発送予定
2020年3月

50,000

リターン不要!FUKKO DESIGNの活動を応援

・お礼のメッセージ

・お名前をサイトに掲載

・FUKKO DESIGN ステッカー

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

100,000

リターン不要!FUKKO DESIGNの活動を応援

・お礼のメッセージ

・お名前をサイトに掲載

・FUKKO DESIGN ステッカー

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

500,000

あなたの地元に寄り添うアイデア作りをお手伝い!

・お礼のメッセージ

・お名前をサイトに掲載

・FUKKO DESIGN ステッカー

・クラウドファンディング達成イベントにご招待

・あなたの地元に寄り添うアイデア作りをお手伝い!

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

500,000

FUKKO DESIGN シルバースポンサー

・お礼のメッセージ

・お名前をサイトに掲載(大)
*企業様からのご支援の場合、「企業ロゴ」を掲載いたします

・FUKKO DESIGN ステッカー

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

1,000,000

FUKKO DESIGN ゴールドスポンサー

・お礼のメッセージ

・お名前をサイトに掲載(特大)
*企業様からのご支援の場合、「企業ロゴ」を掲載いたします

・FUKKO DESIGN ステッカー

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

プロジェクトの相談をする